アリソン・ローマンに注目。「秘密のかけら」会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年12月13日 > アリソン・ローマンに注目。「秘密のかけら」会見
メニュー

アリソン・ローマンに注目。「秘密のかけら」会見

2005年12月13日 12:00

映画はR18指定になってしまいましたが「秘密のかけら」

映画はR18指定になってしまいましたが
[拡大画像]

カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作「スウィート・ヒアアフター」や、トルコによるアルメニア人虐殺の隠れた史実を描いた大作「アララトの聖母」などで知られるカナダの映画監督アトム・エゴヤンが、新作「秘密のかけら」のPRのため来日。12月8日、東京・赤坂のカナダ大使館で記者会見を開いた。

今まで、荒涼とした風景を舞台に「ひとの秘めごと」を描いてきたエゴヤン監督だが、新作「秘密のかけら」の舞台は、今までとは打って変わって、煌びやかな1950年代と70年代のショービジネスの世界。本作について、エゴヤン監督は「ショービジネスは華やかな世界で、ある種の無垢というものがあり、その無垢=イノセンスなところと、その裏にある暗闇=ダークネスを対比させて、この映画を作りました」とコメント。

主演の3人については「コリン・ファースは、とてもロマンティックで穏やかな感じ。一方のケビン・ベーコンはロックな感じで、2人の魅力が合わさることで、いいケミストリーが生まれると思い起用した」とし、2人だけが知る真相に迫る駆け出しジャーナリストを演じたアリソン・ローマンについては「とてもユニークな存在。彼女はいつも10代の役をやっているような印象を受けるが、実際は25、6歳。劇中、彼女は大人っぽくなっていくので、観客が彼女に対して持っているイメージを上手く利用できたんじゃないかな。あの役をアリソンの他に出来る女優はあまりいないよ」と絶賛した。「秘密のかけら」は12月23日より公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi