トスカ(2001)
ホーム > 作品情報 > 映画「トスカ(2001)」
メニュー

トスカ(2001)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

情熱的な歌姫と恋人の画家が、動乱の時代の中で巻き込まれる悲劇を描く。イタリアオペラの代表的作品、プッチーニの『トスカ』の完全映画化。監督は「シングル・ガール」のブノワ・ジャコ。衣裳は「リディキュール」のクリスチャン・ガスク。出演はオペラ界で活躍するアンジェラ・ゲオルギュー、ロベルト・アラーニャ、「カルメン」のルッジェーロ・ライモンディほか。

ストーリー

1800年、ナポレオンのイタリア遠征で揺らぐローマ。脱獄してきた国事犯アンジェロッティ(マウリツィオ・ムラーロ)は礼拝堂に身を隠していた。同じ場所では、画家カヴァラドッシ(ロベルト・アラーニャ)がマリア像を制作している。二人が去ったあと、アンジェロッティを追ってきた警視総監スカルピア(ルッジェーロ・ライモンディ)が登場。来合せたカヴァラドッシの恋人の歌姫、トスカ(アンジェラ・ゲオルギュー)から事情を探ろうとする。やがてスカルピアはカヴァラドッシを連行し、拷問。それを目の前にしたトスカは彼の悲鳴に耐え切れず、アンジェロッティの隠れ場所を洩らしてしまう。その時、ナポレオン侵攻の報が入り、カヴァラドッシは勇躍し、投獄。トスカは襲いかかるスカルピアをナイフで刺し殺す。まもなく死刑が決まるカヴァラドッシ。トスカはこれは一芝居打つつもりであり、形式だけの処刑であることを彼に告げる。ところがカヴァラドッシは、本当に処刑されてしまった。気が動転して泣き崩れたトスカは、スカルピアの死体を発見した部下たちに捕らえそうになり、屋上から身を投げるのだった。...

作品データ

原題 Tosca
製作年 2001年
製作国 フランス・ドイツ・イタリア・イギリス合作
配給 アルシネテラン
上映時間 126分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「トスカ(2001)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi