ダンサー・イン・ザ・ダーク
ホーム > 作品情報 > 映画「ダンサー・イン・ザ・ダーク」
メニュー

ダンサー・イン・ザ・ダーク

劇場公開日

解説

アメリカの片田舎。チェコ移民のセルマは息子ジーンと2人暮らし。つつましい暮らしだが、隣人たちの友情に包まれ、生きがいであるミュージカルを楽しむ幸せな日々。しかし彼女には悲しい秘密があった。セルマは遺伝性の病で視力を失いつつあり、手術を受けない限りジーンも同じ運命を辿ることになるのだ……。

スタッフ

監督・脚本
製作
ビベク・ウィンドレフ
製作総指揮
ペーター・オールベック・イェンセン
撮影
ロビー・ミュラー
振付
ビンセント・パターソン
音楽
ビョーク

作品データ

原題 Dancer in the Dark
製作年 2000年
製作国 デンマーク
配給 松竹、アスミック・エース
上映時間 140分
オフィシャルサイト  

受賞歴

第24回 日本アカデミー賞(2001年)

受賞
外国作品賞  

第73回 アカデミー賞(2001年)

ノミネート
主題歌賞 “I've Seen It All”

第58回 ゴールデングローブ賞(2001年)

ノミネート
最優秀主演女優賞(ドラマ) ビョーク
最優秀主題歌賞 “I've Seen It All”

第53回 カンヌ国際映画祭(2000年)

受賞
コンペティション部門
パルムドール ラース・フォン・トリアー
女優賞 ビョーク
出品
コンペティション部門
出品作品 ラース・フォン・トリアー

特集

「ダンサー・イン・ザ・ダーク」

赤尾美香「こんな顔でこんな身体だけど、自分のことがとても好き」アイスランドという歴史の浅い国の、もっと歴史の浅い音楽シーンから衝撃的なデビューを果たしたシュガーキューブス時代から現在まで、ミュージシャンとしてのビョークは常に先鋭的な存...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

ビョークの“魂の叫び”を聞け
ダンサー・イン・ザ・ダークの映画評論・批評

「感動の嵐」とか「魂を揺さぶる」とか、手垢のついた常套句は使いたくないのだが、この映画の場合、それは無理だ。だって、これは正真正銘、ビョークの「魂の叫び」なんだもの。フォン・トリアーはついにカンヌの大賞を獲得。ビョークも主演女優賞に輝...ダンサー・イン・ザ・ダークの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全60件)
  • 主人公にすごいイライラする。でも、歌がいい。時折入るミュージカルな... 主人公にすごいイライラする。でも、歌がいい。時折入るミュージカルなシーンも現実の鬱屈さとまったく違って、明るくて、いい。それがまた切ない。 とにかく主人公にイライラするんですよね。 ...続きを読む

    zyu zyuさん  2017年10月12日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 悲惨すぎる…沈黙守るなよ!! ネタバレ! 超有名作なのに、今まで見れていなかったダンサーインザダーク。京都シネマ名画リレーにて観てきました。会員500円。 観たいとは思いつつも、悲惨であるとの声にびびっていたわけですが、確かに悲惨で、私... ...続きを読む

    だいず だいずさん  2017年10月2日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 思い出しレビュー 公開当時劇場で観ました。 ネット上ではやたら鬱な映画として批評されている様ですが、私はまともに観た初めての?ミュージカルだったためか新鮮で好印象を持った想い出があります。 日常の鬱なシーンでもい... ...続きを読む

    映画マン 映画マンさん  2017年10月2日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

ダンサー・イン・ザ・ダーク ダンサー・イン・ザ・ダーク ダンサー・イン・ザ・ダーク ダンサー・イン・ザ・ダーク
ダンサー・イン・ザ・ダーク ダンサー・イン・ザ・ダーク ダンサー・イン・ザ・ダーク ダンサー・イン・ザ・ダーク
2016年5月6日 2016年11月16日 2017年5月19日 2016年10月1日
¥300 ¥650 ¥1,007 ¥500
Amazonビデオ Netflix Hulu dTV
1ヵ月無料 2週間無料 31日間無料

他のユーザーは「ダンサー・イン・ザ・ダーク」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi