デッドサイレンス(1996)
ホーム > 作品情報 > 映画「デッドサイレンス(1996)」
メニュー

デッドサイレンス(1996)

劇場公開日

解説

聾唖の女性たちを人質にとった凶悪犯とヴェテランFBI捜査官の駆け引きを描いたサスペンス。ジェフリー・ディーヴァーの小説『静寂の叫び』(邦訳・早川文庫)の映画化で、監督には「トイ・ソルジャー」のダニエル・ペトリ・Jr.、脚本は「今そこにある危機」のドナルド・スチュワートがあたった。撮影はトーマス・バースティン。音楽はジョナサン・ゴールドスミス。出演は「マーヴェリック」のジェームズ・ガーナー、「あなたが聞こえない」のマーリー・マトリン、「わかれ路」のロリータ・ダヴィドヴィッチほか。テレビ映画として製作されたが、日本では劇場公開された。

ストーリー

対人質誘拐犯のエキスパート、ヴェテランFBI捜査官ジョン・ポター(ジェームズ・ガーナー)は、聾唖学校の教師メラニー(マーリー・マトリン)らを人質に廃屋にたてこもった、刑務所から脱獄したテッド・ハンディ(キム・コーツ)ら3人の凶悪犯との交渉の陣頭指揮に立つ。以前に爆弾テロ事件で犠牲者を出しながら事件を解決したポターは地元の警察に反感を買っていたり、ニューヨークの法務次官マークス(チャールズ・マーティン・スミス)に妨害されたりと事態は困難だった。やがてメラニーからひそかに手話で警察に連絡が。裏手を流れるナイアガラ川への抜け道を見つけたというのだ。危険な賭けだったが、ポターは陽動作戦で人質を脱出させることに成功。だがメラニーと生徒のスーザンが引き戻された。そこにテッドを以前投降させたというシャロン・フォスター(ロリータ・ダヴィドヴィッチ)なる女刑事が現われ、はたしてテッドは人質を解放して投降、護送車に乗り込んだが、これは罠だった。女はテッドの相棒プリスで、本物のフォスターは殺して彼女になりすましていたのだ。それに気づいたポターはテッドを追い、事件の背後にマークスもからんでいたことを知る。ポターはメラニーの協力を得て、テッドをみごと撃ち倒すのだった。...

作品データ

原題 Dead Silence
製作年 1996年
製作国 アメリカ
配給 東北新社
上映時間 99分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
4.0 4.0 (全1件)
  • 味わいがある。 よくある題材の映画だが、良くまとまっていた。最後まで楽しめて良かった。なかなか味わいのある演出で、記憶に残るであろう作品だ。 ...続きを読む

    気取ろう軒 気取ろう軒さん  2016年2月26日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi