J・ワン監督「ハリウッド映画はリメイクものばかり」と懸念 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年8月26日 > J・ワン監督「ハリウッド映画はリメイクものばかり」と懸念
メニュー

J・ワン監督「ハリウッド映画はリメイクものばかり」と懸念

2011年8月26日 12:50

すでに次回作の構想あり?「インシディアス」

すでに次回作の構想あり?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ローズ・バーンパトリック・ウィルソン共演で製作されたホラー映画「インシディアス」が、8月27日から公開される。古い一軒家を舞台に、若い夫婦と幼い子どもたちが体験する恐怖を描く。大ヒットスリラー「ソウ」シリーズ、「デッド・サイレンス」に続きメガホンをとった、ジェームズ・ワン監督に話を聞いた。

「『ソウ』はスリラーだ」というワン監督は、「超常現象のホラーの中でも幽霊屋敷ものを作りたいという気持ちが生まれてきた」と製作経緯を話す。同シリーズでタッグを組んだリー・ワネルが脚本、「パラノーマル・アクティビティ」のオーレン・ペリが製作を担当し話題を集めた。初仕事となったペリは「同じ感覚を持ちあわせている」、18歳からの親友であるワネルは「アイデアがリサイクルされる中で、見たことがないものを作ろうする姿は素敵」と振り返る。

「サスペンスを積み上げてストーリーを練った」と話す通り、物語の展開を暗示する伏線が随所にちりばめられている。「型にはめて作るのではなく、ストーリーをひねって作りたかったんだ。1回目は気付かなかったことが、2回、3回と見るうちにわかるような作品づくりを心がけたよ」と述懐。そして「年齢を重ねて大人になると若さや無くさを失ってしまうことも描きたかった。それをセリフや視覚的に散りばめて見せることも考えた」と強調した。


一家が体験する恐怖の超常現象「インシディアス」

一家が体験する恐怖の超常現象
(C) 2010 ALLIANCE FILMS (UK) LIMITED, ALL RIGHTS RESERVED.
[拡大画像]

低予算という制約は、「お金がないから、やりたいことすべてはできない」と吐露。しかし「自由さが高くクリエイティビティが発揮できる。自分なりのやり方で見せることができる」とポジティブに解釈している。一方で「映画づくりは製作費集めが厳しくなっている」と指摘。「ハリウッドの映画づくりも、安全パイルートをとるフランチャイズやリメイクものばかり。すでにブランドがあって安心できるものに投資する傾向が強まっていて、誰も新しいものをやろうとしないんだ。ある程度名前のある監督でも同じ状況だよ。配給がつかず、努力してつくった作品が日の目を見ない悲しい話もあるんだ」と現在の映画業界に難色を示した。

次回作については、「現在は4、5本の企画が動いている」と明かした。「実際にあったことがベースになっている作品だったら面白いな。世の中で1番怖いのは実際に起こったことだと思うから」と構想はあるようだ。そして製作費が確保できたあかつきには、「(ジェームズ・)キャメロンと(スティーブン・)スピルバーグが大好きだから、彼らのようなスケール感のある超大作のSFファンタジーを作りたいな!」と興奮気味に期待を膨らませた。

インシディアス」は、8月27日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi