大ヒットホラー「パラノーマル・アクティビティ」続編の監督がついに決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年3月29日 > 大ヒットホラー「パラノーマル・アクティビティ」続編の監督がついに決定
メニュー

大ヒットホラー「パラノーマル・アクティビティ」続編の監督がついに決定

2010年3月29日 11:53

監督人事は一件落着「パラノーマル・アクティビティ」

監督人事は一件落着
(C)2009 Oren Peli d.b.a. Solana Films.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 製作費135万円と超低予算ながら、全世界で1億5000万ドル(約136億円)以上の興行収入を記録したホラー映画「パラノーマル・アクティビティ」の続編の監督が、すったもんだの末ようやく決定した。

スタジオのパラマウント・ピクチャーズと、第1作の監督で続編のプロデューサーを務めるオーレン・ペリが正式に発表したもので、ジョン・アービングの長編「未亡人の一年」を映画化した「ドア・イン・ザ・フロア」(04)が高い評価を得たトッド・ウィリアムズが続編の監督として起用された。ウィリアムズ監督にはこれまでホラーやスリラー映画を手がけた経験がなく、少々意外な人選かもしれないが、ペリは「彼はファンが望んでいるものを完璧に把握している。一緒に仕事ができるのが楽しみでならない」と、同監督への信頼をうかがわせるコメントを残した。

ライバル関係にあるライオンズゲートの「ソウ」シリーズと監督の奪い合いをするなど紆余曲折のあった「パラノーマル・アクティビティ2(仮題)」だが、今年の10月22日の全米公開に向けて、5月のクランクインが予定されている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi