染谷将太&二階堂ふみ、映画「ヒミズ」で園子温監督に挑む! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年6月10日 > 染谷将太&二階堂ふみ、映画「ヒミズ」で園子温監督に挑む!
メニュー

染谷将太&二階堂ふみ、映画「ヒミズ」で園子温監督に挑む!

2011年6月10日 05:02

「ヒミズ」に出演する染谷将太と二階堂ふみ「ヒミズ」 「ヒミズ」に出演する染谷将太と二階堂ふみ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 園子温監督の最新作「ヒミズ」に、染谷将太二階堂ふみが出演していることがわかった。主演の染谷が扮するのは、ある事件を機に心に深いヤミを抱えるようになる住田祐一。二階堂は、複雑な心情をもつ中学生・茶沢景子を体当たりで演じる。

同作は、「行け!稲中卓球部」で爆発的な人気を博した古谷実が、ギャグを一切封印し人間の心の奥に潜む暗部を浮き彫りにしたことで知られている。2001年から「ヤングマガジン」(講談社)で連載され、園監督も原作のファンだったという。何度も読み返していたといい、「実写で映画化することは大変な名誉であり、冒険だと思っています。この先の見えない不安な世界に住む若い主人公と一緒に、素晴らしい青春映画を作りたい」とコメントを寄せた。

染谷と二階堂は、ともに園監督作への出演を熱望していたという。染谷は、主演が決まった際は「すごくうれしかったですが、同時に怖さもありました」と吐露。オーディション時からドキドキしていた二階堂は、「茶沢景子役に決まったときは、うれしすぎて叫びました(笑)。監督は厳しいけれど、とても優しかったです」と撮影を振り返った。

撮影は、茨城に特設セットを立て5月いっぱいを要した。現在はクランクアップし、編集中。これまで「愛のむきだし」「冷たい熱帯魚」など、過激な暴力描写で世界を震撼(しんかん)させてきた園監督が、同作をどのような世界観に仕上げるのかに大きな注目が集まる。

ヒミズ」2012年春、シネクイントほか全国順次公開

レビュー利用規約に同意の上、コメント投稿する

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • わたしは生きていけるの評論 わたしは生きていける 思春期の少女が抱える不安を、戦争というモチーフに置き換えて語るサバイバルドラマ
  • 郊遊 ピクニックの評論 郊遊 ピクニック 観客に媚びず、忍耐を強いることで真実を伝える監督の最終作
  • 物語る私たちの評論 物語る私たち サラ・ポーリーとその家族が、自分たちの秘密を大胆なおおらかさで語る秀作
映画評論の一覧を見る
採用情報