恋の秋
ホーム > 作品情報 > 映画「恋の秋」
メニュー

恋の秋

劇場公開日

解説

秋の穏やかな自然の空気に包まれながら、40代男女の恋模様を軽やかなタッチで描いた一編。監督・脚本は名匠エリック・ロメール。「春のソナタ」(89)「冬物語」(91)「夏物語」(96)に続く、本作が四季の物語シリーズの完結作となる。製作はフランソワーズ・エチュガライ。撮影は「木と市長と文化会館」からロメール組に加わっているディアーヌ・バラチエ。音楽はクロード・マルティ、ジェラール・パンサネル、ピエール・ペイラス、アントネッロ・サリス。編集は「木と市長と文化会館」以来ロメールと組むマリー・ステファン。録音は「レネットとミラベル 四つの冒険」からロメール組に参加するパスカル・リビエ。出演は「冬物語」のマリー・リヴィエール、「レネットとミラベル 四つの冒険」のベアトリス・ロマン、「ベルニー」のアラン・リボル、「ジェリコー・マゼッパ伝説」のディディエ・サンドルほか。98年ヴェネチア国際映画祭で最優秀脚本賞を受賞。

ストーリー

南フランスの小さな町、サン・ポール・トロワ・シャトー。本屋を経営する主婦イザベル(マリー・リヴィエール)は、ローヌ渓谷の小さな農園でぶどう酒造りに打ち込んでいる親友マガリ(ベアトリス・ロマン)が独り身でいるのを心配していた。マガリの息子レオ(ステファーヌ・ダルモン)の新しいガールフレンドの女子大生ロジーヌ(アレクシア・ポルタル)も奇しくも同じことを心配。イザベルとロジーヌは、それぞれ勝手にマガリの恋の相手を探そうとする。イザベルは新聞の結婚交際広告欄にこっそり投書、ビジネスマンのジェラルド(アラン・リボル)と身代わりでデートし、彼をマガリにそれとなく会わせるように事を進めていく。一方ロジーヌは、最近別れた自分の元恋人の哲学教師エチエンヌ(ディディエ・サンドル)を、マガリに紹介しようとする。そしてイザベルの娘エミリア(オーレリア・アルカイス)の結婚式の披露宴ガーデン・パーティで、彼女らの企みを何も知らないマガリの前に、男ふたりが現れた。マガリはジェラルドのことを気に入ったが、偶然、イザベルがジェラルドに思わず抱きついたところを目撃。その後ようやくイザベルはジェラルドをマガリに紹介、マガリはジェラルドの車で自宅まで送ってもらったが、事の不可解さにマガリは不安がり、ふたりの仲はうまくいかない。マガリは夜になってからパーティ会場に戻り、イザベルに真相を聞き出す。するとジェラルドも会場に戻ってくる。そこでふたりは互いの気持ちを確認しあい、また会う約束をして別れるのだった。...

作品データ

原題 Conte d'automne
製作年 1998年
製作国 フランス
配給 フランス映画社
上映時間 112分

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第55回 ベネチア国際映画祭(1998年)

ノミネート
金のオゼッラ賞(最優秀脚本賞) エリック・ロメール

映画レビュー

平均評価
3.1 3.1 (全1件)
  • 大人の恋 大人の恋のいたずらが、当初は深刻に、最後にはコミカルに描かれる。 いくつになっても恋はあると思うけど、それに付きまとう嫉妬や疑念は煩わしい。これを乗り越えて恋を楽しめるのが大人ということなのか。 ...続きを読む

    よしただ よしたださん  2015年1月30日  評価:0.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「恋の秋」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi