冬物語(1991)
ホーム > 作品情報 > 映画「冬物語(1991)」
メニュー

冬物語(1991)

劇場公開日

解説

些細な行き違いから恋人と生き別れになった女性に“至福”の時が訪れるまでを描く人間ドラマ。監督・脚本は「春のソナタ」のエリック・ロメールで、本作は“四季の物語”シリーズ第2弾である。製作はマルガレット・メネゴス、撮影はリュック・パジェス、音楽はセバスチャン・エルムスが担当。

ストーリー

夏のブルターニュ。フェリシー(シャルロット・ヴェリー)は、シャルル(フレデリック・ヴァン・デン・ドリーシュ)と恋に落ちる。パリへ戻る駅のホームで、彼女は、アメリカに料理の修行に行くと言う彼に自分の住所を教えた。5年後の12月14日。フェリシーは、彼女が勤める美容院のオーナーで、彼女の男友達のひとりのマクサンス(ミシェル・ヴォレッティ)に、妻と別れ、ヌヴェールで再出発するから一緒に来てほしいと言われ、承知した彼女は娘エリーズ(アヴァ・ロラスキ)と翌晩ヌヴェールに出発した。12月16日。マクサンスと観光する道すがら、フェリシーはシャルルとの一件を話す。彼に教えた住所が間違っていたこと。何とか彼の行方を探そうとしたが、姓を知らなかったこと・・・。12月18日。パリに帰ったフェリシーは、もうひとりの男友達ロイック(エルヴェ・フュリク)にマクサンスと暮らすことを宣言した。12月27日。マクサンスが、美容院のスタッフに、彼女を_マダム_と呼ぶよう強要したことにショックを受けたフェリシーは、エリーズと立ち寄った大聖堂で、心から愛する人以外と一緒になってはならないと悟り、心の迷いが消える。エリーズとパリに帰ったフェリシーは、その夜シェークスピア劇『冬物語』を観て、深い感銘を覚えた。12月31日。年末の買物を済ませ、母の家に向かうバスに乗ったフェリシーとエリーズは、前の席に座っていたシャルルと偶然に再会する。エリーズが自分の娘だと知ったシャルルは、フェリシーらとともに彼女の母の家に行き、驚く母親の前でフェリシーに、ブルターニュにレストランを持つことになったので、一緒に暮らさないか、と言い、フェリシーは承知する。そして新しい年が、幸福な気持ちとともにやって来るのだった。...

作品データ

原題 Conte D'Hiver
製作年 1991年
製作国 フランス
配給 シネセゾン(シネセゾン=テレビ東京 提供)
上映時間 114分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
0.5 0.5 (全1件)
  • この手の映画は苦手 心に決めた相手を待ちながらも、そのときの感情に任せた他の相手と関係が気まぐれで不安定なのは分かる。でもこれはちょっと周りを振り回し過ぎではないか? 極私的な感情を追った映画はあまり好きになれない... ...続きを読む

    よしただ よしたださん  2015年1月30日  評価:0.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「冬物語(1991)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi