グローイング・アップ
ホーム > 作品情報 > 映画「グローイング・アップ」
メニュー

グローイング・アップ

劇場公開日

解説

1958年のイスラエルを舞台に、17歳の高校生達の友情、セックス、初恋と失恋など、誰でもが体験する思春期の生活を当時大ヒットした25曲の音楽をバックに描く。製作はヨーラム・グローブスとメナハム・ゴーラン、監督はボアズ・デイヴィッドソン、脚本はボアズ・テイヴィッドソンとエリィ・テイバー、撮影はアダム・グリーンベルグ、編集はアラン・ヤコボヴィッツが各々担当。出演はイフタク・カツール、アナタ・アツモン、ジョナサン・シーガル、ツァッチ・ノイ、フェリア・シュトロールなど。

ストーリー

1958年の夏、ある町。夜になると、そこは若者のエネルギー渦巻くロックンロールとツィストの世界だ。ベンジー(イフタク・カツール)は、今日もディスコで、親友でもてもてのボビー(ジョナサン・シーガル)とふとっちょのヒューイ(ツァッチ・ノイ)と連れだってガール・ハントをしていた。そこへ入ってきた同じ学校に通う髪の長い美しい少女ニキ(アナタ・アツモン)にベンジーは一目惚れする。ホーム・パーティが開かれた晩、ベンジーはボビーのガール・フレンドがニキであることを知リショックをうける。夏になってベンジーはニキの口からすでにボビーと結ばれていて、しかも妊娠していることを知らされた。知らん顔のボビーに見かねてベンジーがニキの堕胎のための工面に奔走する。そんなベンジーにニキは少しずつ心を許し、その優しさに胸うたれたのだった。ニキの誕生日に招待されたベンジーは有頂点になってップレゼントを持ってJパーティーに出かけた。しかし、ベンジーがそこに見た光景は、ボビーと抱きあってキスしているニキの姿だった。ミスター・ロンリーが鳴り響く夏の日、悲しみで涙流しながらベンジーはひとり歩くのだった。...

作品データ

原題 Growing Up
製作年 1978年
製作国 イスラエル・アメリカ合作
配給 日本ヘラルド映画
上映時間 95分

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第36回 ゴールデングローブ賞(1979年)

ノミネート
最優秀外国語映画賞  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全1件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi