グローイング・アップ4 渚でデート
ホーム > 作品情報 > 映画「グローイング・アップ4 渚でデート」
メニュー

グローイング・アップ4 渚でデート

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

画像1

解説

おなじみのベンジー、ヒューイ、ボビーの三人組が、今度は軍隊に入って珍騒動をくりひろげる「グローイング・アップ」シリーズ第4弾。今回も、”ラッキー・リップス”をはじめ、オールディーズ・ヒット全21曲がBGMに使われている。前作に続き、製作はメナヘム・ゴーランとヨーラム・グローバス、監督・脚本はボアズ・デイヴィッドソン、撮影はアダム・グリーンバーグが担当。出演はイフタク・カツール、ツアッチノイ、ジョナサン・シーガル、ドボラ・ケイダーなど。

ストーリー

夜ふけのガーデン・バーで、ベンジー(イフタク・カツール)とヒューイ(ツアッチ・ノイ)、ボビー(ジョナサン・シーガル)の3人組は例によって人妻を誘惑し、ピストン運動するまでにこぎつけるが、あわやという所で酔って寝ていた亭主が気づいてドタバタ騒ぎと、いつもの悪ガキぶりだ。さて翌日。いよいよイスラエルの兵役義務で3人は入隊することーなった。ルンルン気分の3人だが、軍隊は甘くはない。待ちうける訓練教官ラミレッツ軍曹(J・シロアー)は、脂肪過多のヒューイをいびり出す。しかし、持ち込んだポルノを売ったり、ワイロをつかませたりとガンバル3人、なんと隣の訓練キャンプが女性兵専用と知り、大ハシャギ。ブルドッグのような女大尉ボルチェワ(D・バコン)以外は、ピチピチギャルだ。深夜、3人は将校の服に着がえ、女性兵のルネ(S・マーティン)らと、ガーデン・バーでデート。しかし、そこにボルチェワとラミレッツの恋人同士が入ってきた。3人は女装し、ス一アージに立って急場をしのぐが、ヒューイの女装姿にラミレッツが一目ぼれして、自分の部屋に誘いこんだりするから大変。ある日、ルネが休暇をとることになり、3人はホモに化けたりして軍医をだまし、ベンジーはルネと渚でデートすることが出来た。だが幸せも束の間、休暇がおわりキャンプにもどったら、今まで将校だといつわってたベンジーの嘘がルネにバレて、すべてはオジャン。おまけに上官視察の日にヒューイはトイレにおちたり、もうさんざんの3人組。ルネは再び休暇で実家に帰ってしまい、ベンジーはラミッノァ「彼女への想いを告げ、外出訂可をなんとかとりつける。彼女を追いかけるベンジーだが、ルネは冷たい。しょげるベンジーはヒューイたちのいるバーへいく。女装のヒューイとタンゴをはりきって踊るラミレッツ。でも女装がバレて大騒動の中、ルネが現われ、ベンジーに愛を告白するのだった。...

作品データ

原題 Private Popsicle
製作年 1983年
製作国 イスラエル・アメリカ合作
配給 コロムビア
上映時間 100分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「グローイング・アップ4 渚でデート」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi