グローイング・アップ2 ゴーイングステディ
ホーム > 作品情報 > 映画「グローイング・アップ2 ゴーイングステディ」
メニュー

グローイング・アップ2 ゴーイングステディ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

画像1

解説

1950年代のイスラエルを舞台に、当時のヒット曲をバックに若者3人組の恋と青春を描く、「グローイング・アップ」の続篇。製作総指揮はサム・ウェインバーグ、製作はメナヘム・ゴーランとヨーラム・グローブス、監督は前作同様ボアズ・デイヴィッドソン、脚本はボアズ・デイヴィッドソンとエリー・テイバー、撮影はアダム・グリーンべルグ、編集はアラン・ヤコボビッツ、美術はアリアル・ロシュコが各々担当。出演はイフタク・カツール、ジョナサン・シーガル、ツァッチ・ノイ、イヴォンヌ・ミカエル、レイチェル・スタイナー、ダフナ・アルモーニなど。

ストーリー

お人好しのべンジー(イフタク・カツール)、太っちょのヒューイ(ツァッチ・ノイ)、プレイボーイのボビー(ジョナサン・シーガル)の3人組は、今夜も街のメインストリートを車で廻っている。すれちがう車にヤジをとばしながら、いつもの店ヘやってきた3人は、音楽と熱気でムンムンするその店で女の子たちをひっかける。ある日、べンジーとヒューイは悪いことを思いついた。食料品店の裏につんであるビンを盗み、それを表に回って店のオヤジに売りつけようというのだ。ビンを持っていくと、店に1人の美しい女の子がやって来た。その女の子タミー(イヴォンヌ・ミカエル)に一目惚れしたべンジーは、彼女の後を追い、彼女にモーションをかけた。知らんぷりしていたタミーだったが、べンジーの熱心な誘いに、遂にOKを返し、いっしょにパーティにいくことにする。パーティの帰りにファースト・キッスまで成功させたべンジーは、嬉しさで有頂天になっていた。それから、幾度かのデートを重ねた後のある晩のパジャマ・パーティで、べンジーは夢中になったあまりタミーの胸にタッチ。怒った彼女は帰ってしまい、べンジーはヤケ酒をあおってべッドルームでダウンしてしまった。それを見ていたメガネのマーサ(レイチェル・スタイナー)は、傷心のべンジーを慰めようと彼のベッドに横たわった。酔いつぶれたべンジーは、その現場をボビーに目撃されたのを知らなかった。マーサはヒューイのステディなのだが、以前からべンジーを想っていたのだ。しかし、目のさめたベンジーは横にいるマーサを見て怒って帰ってしまう。タミーと仲直りする事だけを考えているべンジーは、ヒューイの協力をえて仲直りに成功。以前にもまして愛情の深まった2人は、空きアパートの中で抱き合った。ある日、暴走族の連れの女の1人とべタついていたボビーが、彼のステディ、シェリー(ダフナ・アルモーニ)にその現場を目撃されたことから、ボビーがべンジーとマーサの一件を口ばしり、その場にいたヒューイを傷つけた。波紋は広がり、タミーに絶交されたべンジーは、卒業パーティに1人で出かけることになってしまった。そこで、ボビーと仲よくしているタミーの姿を見たべンジーは、シェリーと翌日に海に行く約束をした。その日、シェリーと待ち合わせ、海ヘ行こうとしているべンジーの前にヒューイがやってきて、タミーがボビーに指一本触れることも許さなかったことを告げた。それを聞いたベンジーは、まだ寝ているタミーのもとへ走り、名前を呼んだ。べンジーの熱心さに根負けしたタミーは、やっと表に出てきた。2人は顔を見合わせて笑った。朝日が昇り、2人の顔を明るく照らすのだった。...

作品データ

原題 Going Steady
製作年 1979年
製作国 イスラエル
配給 日本ヘラルド映画

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「グローイング・アップ2 ゴーイングステディ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi