男女ユニットの新星Salley! 強豪押しのけUSEN上半期1位 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年7月11日 > 男女ユニットの新星Salley! 強豪押しのけUSEN上半期1位
メニュー

男女ユニットの新星Salley! 強豪押しのけUSEN上半期1位

2013年7月11日 13:00

USENの上半期J‐POPヒットランキングで 1位に輝いた男女2人組ユニット“Salley”「赤い靴」

USENの上半期J‐POPヒットランキングで
1位に輝いた男女2人組ユニット“Salley”
(C)文化通信
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 男女2人組ユニット“Salley”のデビュー曲「赤い靴」が、USENの上半期J‐POPヒットランキングで1位に輝いた。新人ながら、長渕剛、FUNKY MONKEY BABYSらを抑えた。今後楽しみな2人は、都内で行われた表彰式で「たくさんの人が協力してくれたおかげ」と謙虚に喜んだ。

ボーカルと作詞担当のうらら、ギターと作曲担当の上口浩平の2人で昨年結成。ユニット名はアイルランドの伝統音楽に由来。J‐POPの枠を超えた音楽性が魅力で、「赤い靴」は、5月29日のCD発売前からUSEN3冠を達成するなど、22週連続ランクインし堂々の上半期首位となった。

アンデルセン童話「赤い靴」からインスピレーションを得た楽曲で、うららは「音楽をずっとやっていきたい。音楽という靴をぬぎたくないという思いを込めた」と話した。アニメ「トリコ」のエンディング主題歌としても人気だ。

レコード会社ビクターエンタテインメントの斉藤正明社長が「通り一遍のプライオリティアーティストではなく、本当に自信を持っている」と言う逸材。7月31日にはタワーレコード限定シングル「green」を発売する。

うららは「まだまだ未熟な2人。足りないところを補い合いながらもっと素敵な歌を届けたい。万人に受け入れられ個性も光るような、残る名曲を作っていきたい」と力を込めた。上口は「家にちょっとした防音スタジオを作れたら」と現実的な夢を明かし笑いを誘っていた。(映画.com×文化通信.com)

「2013 上半期 USEN HIT ランキング」
【J‐POP】
(1)Salley「赤い靴
(2)長渕剛「未来」
(3)秦基博「Girl」
(4)FUNKY MONKEY BABYS「ありがとう
(5)CODE‐V「何度サヨナラを繰り返したら僕らは強くなれるの?」
(6)ナオト・インティライミ「恋する季節」
(7)TWIN CROSS「ただいま
(8)クリープハイプ「憂、燦々」
(9)家入レオ「Message」
(10)ジャンク フジヤマ「シェダル」
【洋楽】
(1)オースティン・マホーン「セイ・ユア・ジャスト・フレンド feat.フロー・ライダー」
(2)ザ・ウォンテッド「グラッド・ユー・ケイム」
(3)ジャスティン・ティンバーレイク「スーツ&タイ feat.ジェイ・Z
(4)テイラー・スウィフト「トラブル」
(5)アヴリル・ラヴィーン「ネヴァー・グローイング・アップ」
(6)ウィル・アイ・アム「スクリーム&シャウト feat.ブリトニー・スピアーズ
(7)ティマティ&ラ・ラ・ランド「ノット・オール・アバウト・ザ・マネー feat.ティンバランド&グローヤ」
(8)ブルーノ・マーズ「ロックド・アウト・オブ・ヘヴン」
(9)インナ「クレイジー・セクシー・ワイルド」
(10)ボン・ジョヴィ「ビコーズ・ウィー・キャン」

FUNKY MONKEY BABYS 1st ARENA TOU...[Blu-ray/ブルーレイ] FUNKY MONKEY BABYS 1st ARENA TOU...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥668 全国23公演トータル動員数20万人を記録したFUNKY MONKEY BABYSの自身初のアリーナツアーの模様を映像化!
CMT クロスローズ[DVD] CMT クロスローズ[DVD] 最安価格: ¥2,674 2008年に、カナダの音楽番組のためにシンガー・ソングライターのテイラー・スウィフトがデフ・レパードとともに行ったジョイントライヴをDVD化!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi