アルテミシア
ホーム > 作品情報 > 映画「アルテミシア」
メニュー

アルテミシア

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

17世紀のローマに実在した伝説の早熟な天才女流画家アルテミシアの生涯を描いた歴史ロマン。監督は本作がデビューとなる女性監督アニエス・メルレ。脚本はメルレとクリスティーヌ・ミレール。台詞はメルレとパトリック・アモ。製作はパトリス・アダッド。撮影はブノワ・デロム。音楽はクリシュナ・レヴィ。出演は「ある貴婦人の肖像」のヴァレンティナ・チェルヴィ、「アンダーグラウンド」のミキ・マノイロヴィチ、「とまどい」のミシェル・セローほか。

ストーリー

1610年、ローマ。親が決めた結婚まで修道女として厳格な生活を送るアルテミシア(ヴァレンティナ・チェルヴイ)は、ある日絵画への情熱からろうそくを灯し自身の裸体をデッサン。絵を見つけたシスターは、彼女の父で高名な肖像画家オラーツィオ・ジェンティレスキ(ミシェル・セロー)を呼びつけるが、彼は娘の才能に驚き、自分の助手をつとめさせるようになった。やがて彼女は著名な画家アゴスティーノ(ミキ・マノイロヴィチ)に弟子入りして修行を積み、彼女は無意識のうちに自身のテーマに愛と性による官能の美を見いだすようになる。アゴスティーノはそんな彼女にひかれ、やがて二人は身も心も結ばれるが、二人の関係を知った父はアゴスティーノを強姦罪で告発。裁判でアルテミシアは強姦を否定し続けたが、拷問を受ける彼女の姿を見るに忍びず、アゴスティーノは罪を認め、2年の懲役刑を処された。封建的な社会だったゆえにいわれない中傷と批判を受けたアルテミシアだったが、彼女はこの苦難を乗り越え、画家として史上初めて認められた女性として後世まで名を残すこととなるのだった。...

キャスト

作品データ

原題 Artemisia
製作年 1997年
製作国 フランス・イタリア合作
配給 エース ピクチャーズ配給(日本ビクター=エース ピクチャーズ提供)
上映時間 101分
映倫区分 R15+

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第55回 ゴールデングローブ賞(1998年)

ノミネート
最優秀外国語映画賞  

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「アルテミシア」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi