映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲
ホーム > 作品情報 > 「映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲」
メニュー

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲

劇場公開日

解説

お馴染み嵐を呼ぶ幼稚園児・しんちゃんと、20世紀へ時間を逆戻りさせようとする組織との戦いを描いた長篇ギャグ・アニメーションのシリーズ第9弾。監督は「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル」の原恵一。臼井儀人の原作を下敷きに、原監督自身が脚本を執筆。撮影監督に「ドラえもん のび太と翼の勇者たち」の梅田俊之があたっている。声の出演に、「ああっ女神さまっ AH! MY GODDESS」の矢島晶子、「どら平太」の津嘉山正種ら。

ストーリー

“20世紀博”というテーマパークにハマっていたひろしとみさえが、大人であることを放棄ししんのすけとひまわりの前から姿を消した。いや、ひろしとみさえばかりではない、春日部中の大人たちがいなくなってしまったのだ。そしてその夜、ラジオから“イエスタディワンスモア”と名乗る組織のリーダーであるケンとチャコが、見捨てられた子供たちに投降するよう呼びかけてきた。実はケンたちは、21世紀=未来に希望を持てなくなった大人たちを洗脳し、大人だけの楽園”オトナ帝国“建設を企んでいたのだ。このままでは、未来がなくなってしまう! しんちゃんを初めとするカスカベ防衛隊は、ケンたちの計画から大人たちと自分たちの未来を取り戻すべく20世紀博へ乗り込むと、“20世紀の匂い”にどっぷり浸かり童心に帰っていたひろしとみさえを“ひろしの強烈な靴下の匂い”で洗脳から目覚めさせ、家族一同力を合わせてケンの計画を阻止してみせる。こうして、未来はしんちゃんたち子供の手に託されることとなり、春日部の町にも平和が戻るのであった。...

スタッフ

監督
演出
水島努
脚本
原恵一
原作
臼井儀人
チーフプロデューサー
茂木仁史
太田賢司
生田英隆
プロデューサー
山川順市
和田やすし
福吉健
絵コンテ
原恵一
水島努
キャラクター・デザイン
末吉裕一郎
原勝徳
作画監督
原勝徳
堤のりゆき
間々田益男
撮影監督
梅田俊之
美術
古賀徹
清水としゆき
音楽
荒川敏行
浜口史郎
主題歌
LADY Q
小林幸子
録音
大熊昭
1stミキサー
田中章喜
2ndミキサー
大城久典
効果
松田昭彦
原田敦
編集
岡安肇
演出補佐
パクキョンスン
特殊効果
前川孝
CGI
つつみのりゆき
色彩設計
野中幸子
ねんどアニメ
石田卓也
1stアシスタントミキサー
田口信孝
2ndアシスタントミキサー
内山敬章
山本寿
金子俊也
辻誠

キャスト(出演(声))

作品データ

製作年 2001年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 89分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
4.1 4.1 (全20件)
  • 大人の方が楽しめる映画じゃないでしょうか。 懐かしい昭和の風景がで... 大人の方が楽しめる映画じゃないでしょうか。 懐かしい昭和の風景がでてきた時点で胸がキュンとなりました。 ...続きを読む

    ブラヒ ブラヒさん  2017年7月21日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 観て損はない名作 良いらしい、と噂はかねがね。ようやく鑑賞。 もう16年も前の作品なんですね。 作中の「大人」は、大阪万博の頃に子ども時代を過ごした人たちになってます。 個人的に劇場版「クレヨンしんちゃん」は初め... ...続きを読む

    mar marさん  2017年5月2日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 泣ける シリアスなところでも笑えるネタが入っていた。正気を失ったみさえ達が襲ってくるシーンはとても恐かったけれど、正気を戻したみさえとひろしに泣ける。 この映画を見たあとは何か考えさせられる。 色んな人... ...続きを読む

    Aya Ayaさん  2017年4月1日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

「クレヨンしんちゃん」シリーズ関連作品

他のユーザーは「映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi