嗚呼!!花の応援団(1976)
ホーム > 作品情報 > 映画「嗚呼!!花の応援団(1976)」
メニュー

嗚呼!!花の応援団(1976)

劇場公開日

解説

大学の応援団を舞台に喧嘩にはめっぽう強いが女にはまるっきりだらしがない親衛隊隊長を主人公にしたナンセンス喜劇。原作はどおくまんプロの同名劇画。脚本は「「妻たちの午後は」より 官能の檻」の田中陽造、監督は「淫絶未亡人」の曽根中生、撮影は「あるコールガールの証言 露出」の山崎善弘がそれぞれ担当。

ストーリー

南河内大学応援団親衛隊に新たに加わった富山と北口の二人は、事もあろうに応援団の命とも言うべき大団旗をタバコの火で焦がして穴を開けてしまった。そのため隊長の青田赤道は、責任をとって腹を切らなくてはならなくなったが、責任回避の一計を案じた。現在紛争中の浪華大応援団を相手に大乱闘を引き起こし、その乱闘で破れたことにしたのだった。いつも弱い南河大野球部が珍らしく決勝まで勝ち進んだために、応援団としては本職の応援をしなければならなくなった。だが、試合中の旗手を勤める青田がやくざとの喧嘩で停学中のため、富山が大団旗を持つことになった。試合がたとえ何時間にも及ぼうともだ。毎年、南河大陸上部が出場する駅伝は、各中継地点で大団旗を掲揚して、自校のランナーを応援するために、応援団はトラックに大団旗を運んでランナーより先行するのだが、幹部連中は青田を困らせようとトラックを使えなくしてしまった。そこで、青田以下親衛隊は、大団旗と太鼓をかかえて、走り出すのだった……。...

スタッフ

監督
脚本
田中陽造
原作
どおくまんプロ
企画
成田尚哉
製作
三浦朗
撮影
山崎善弘
美術
柳生一夫
音楽
コスモス・ファクトリー
録音
橋本文雄
照明
松下文夫
編集
山田真司
助監督
山口友三
スチール
目黒祐司

キャスト

作品データ

製作年 1976年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 99分

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
2.0 2.0 (全1件)
  • くだらなかった ネタバレ! 真面目に見てはいけないのだろうけど漫画を忠実に映画にしようとするととても変であることが分かった。役者さんは真剣に照れたりせず全力でやりきっているのだが、笑うに笑えず困った気分になる。お酒を飲んで... ...続きを読む

    古泉智浩 古泉智浩さん  2016年1月8日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

嗚呼、花の応援団 嗚呼!!花の応援団
嗚呼、花の応援団 嗚呼!!花の応援団
2014年10月20日 2012年5月25日
¥1,990 ¥500
U-NEXT ビデオマーケット
※31日間無料 ※プレミアムコースの場合

他のユーザーは「嗚呼!!花の応援団(1976)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi