スパイダー 少年は蜘蛛にキスをする
ホーム > 作品情報 > 映画「スパイダー 少年は蜘蛛にキスをする」
メニュー

スパイダー 少年は蜘蛛にキスをする

劇場公開日

解説

20数年に渡り精神病院に入院していた男が退院、少年時代を過ごした町に帰郷する。その日から、彼の脳裏に少年時代の記憶が少しずつ甦ってくる。「そうだ、僕の愛する母は、父とその愛人に殺されたのだ……」。「グロテスク」などで知られる英国のカルト作家パトリック・マグラアの同名小説(ハヤカワepi文庫)を、「裸のランチ」「クラッシュ」とカルト小説の映画化に挑戦してきたクローネンバーグ監督が映画化。

作品データ

原題 Spider
製作年 2002年
製作国 フランス・カナダ・イギリス合作
配給 ブエナビスタ
上映時間 98分
オフィシャルサイト  

受賞歴

第55回 カンヌ国際映画祭(2002年)

出品
コンペティション部門
出品作品 デビッド・クローネンバーグ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

今回もきっちりクローネンバーグの世界
スパイダー 少年は蜘蛛にキスをするの映画評論・批評

きみの見ている世界とぼくの見ている世界は違う。デビッド・クローネンバーグの映画を一言で説明するとすればこうなる。主観的世界と客観的現実の衝突をテーマに映画を撮りつづけて30年。クローネンバーグも同じ作業に没頭する職人よろしくいつの間に...スパイダー 少年は蜘蛛にキスをするの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.0 3.0 (全1件)
  • 性の物々しさ なんちゅう映画を撮るんだ、クローネンバーグってば。こんな恐ろしくて、救いのない話ってないよ、実際。そこまでしてこの題材で撮りたいと思ったクローネンバーグの異様さを感じましたです。 そう、確かにこ... ...続きを読む

    チャーリー チャーリーさん  2014年8月2日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「スパイダー 少年は蜘蛛にキスをする」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi