トンマッコルへようこそ
ホーム > 作品情報 > 映画「トンマッコルへようこそ」
メニュー

トンマッコルへようこそ

劇場公開日

解説

05年度の韓国映画界で興収1位の座に輝いたヒューマンドラマ。朝鮮戦争が行われていた50年代初頭。墜落したアメリカ機を追って北朝鮮人民軍と韓国軍のそれぞれの兵士たちが、“トンマッコル”と呼ばれる人里離れた村に迷い込む。村で鉢合わせとなった両軍の兵士は対立するが、戦争のことなど知らないのんびりした村人たちによって、打ち解けていく……。監督は本作が長編デビューとなるパク・クァンヒョン。

スタッフ

監督
パク・クァンヒョン
脚本
チャン・ジン
キム・ジュン
撮影
チェ・サンホ
音楽
久石譲

作品データ

原題 Welcome to Dongmakgol
製作年 2005年
製作国 韓国
配給 日活
上映時間 132分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

ビジュアル面での豊かさによって現実的な指向を持った寓話として成立
トンマッコルへようこその映画評論・批評

韓国映画がパワフルである理由のひとつに、政治的・歴史的な緊張構造がいまだ厳然と存在するという事実があるのは疑いのないところだろう。昨年韓国で記録的な動員となった本作にも、そうしたシビアな情勢ははっきり反映されている。地上の争いから隔絶...トンマッコルへようこその映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.9 3.9 (全7件)
  • トンマッコル行きたい。 良かった。 本当に、世界中がトンマッコルのような場所だったら、平和でいいのに。 一体何が違ってしまったんだろう。 銃を向けられたときに、村人達が怯えもせずに普通に過ごしていたシーンが大好きです。... ...続きを読む

    きばこ きばこさん  2017年10月19日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 悪くはない トンマッコルへ迷い混んだことで争うことの馬鹿らしさを感じた3人。ただ、自分達だけでは防ぎ、守りようのない平和が何とも切ない映画でした。ノリが安っぽいところもあったのですが、悪くなかったです。 ...続きを読む

    にゃんた にゃんたさん  2016年5月8日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 今だからこそ観るべき永遠の理想郷 当時、韓国映画は大の苦手な私だったが、初めて真正面から楽しめた作品である。 国の事情なぞ関係無く、村を守るために一致団結する兵士達の生き様に心打たれた。 お互いを分かち合う事の大切さ、戦争の愚か... ...続きを読む

    全竜 全竜さん  2012年8月17日  評価:4.0
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

DVD・ブルーレイ

トンマッコルへようこそ[DVD] JSA 4Kデジタルリマスター版/Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] ザ・ゲーム[DVD] フェスティバル[DVD]
トンマッコルへようこそ[DVD] JSA 4Kデジタルリマスター版/Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] ザ・ゲーム[DVD] フェスティバル[DVD]
発売日:2007年3月2日 最安価格: ¥2,942 発売日:2017年2月22日 最安価格: ¥3,145 発売日:2011年12月2日 最安価格: ¥3,547 発売日:2012年6月2日 最安価格: ¥3,201
Powered by 価格.com

他のユーザーは「トンマッコルへようこそ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi