ゴッド・ディーバ
ホーム > 作品情報 > 映画「ゴッド・ディーバ」
メニュー

ゴッド・ディーバ

劇場公開日

解説

人間やミュータント、エイリアンが混在する2095年のニューヨーク。他の神々から死刑を宣告された古代神ホルスは、マンハッタン上空に浮かぶピラミッドから飛び立ち、青い涙を流す女ジルを探すため、冷凍刑から目覚めた政治犯ニコポルの体に入り込む。フランス・コミック界の巨匠で、様々アーティストに影響を及ぼすエンキ・ビラルの監督第3作。俳優は主演の3人以外はほぼ全てがCGで作られている。

作品データ

原題 Immortal
製作年 2004年
製作国 フランス
配給 日本ヘラルド映画
上映時間 104分
映倫区分 PG12

インタビュー

Part1:エンキ・ビラル、「色」を語る
インタビュー

フランス製コミック=バンド・デシネの巨匠、エンキ・ビラルがコミックで描いた近未来世界が「ブレードランナー」以降のSF映画に大きな影響を与えたのはご存知の通り。異文化が入り乱れた雑食性の街も、空中を行くタクシーも、みなビラルの近未来像で...インタビュー

関連ニュース

  • 近未来SFの巨匠エンキ・ビラルが来日(2004年4月13日) フランスのコミック界“バンド・デシネ(BD)”の巨匠で、映画「バンカー・パレス・ホテル」や「ティコ・ムーン」の監督としても世界中のクリエイターから信奉されるエンキ・ビラルが、... 続きを読む
関連ニュース

映画評論

エンキ・ビラルは観客に知的な挑戦を挑む
ゴッド・ディーバの映画評論・批評

2095年のマンハッタン。その超高層ビルが林立する都市の光景は、たとえば「ブレードランナー」「未来世紀ブラジル」「フィフス・エレメント」などでお馴染みの、既視感を伴い、すでに懐かしくさえある摩天楼。それでも、上空にはピラミッドが浮かび...ゴッド・ディーバの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
2.7 2.7 (全1件)
  • 用はなんだったんだ?って映画。 舞台は近未来。CGの街並みがほぼブレードランナーです。最初人物がCGと実写と混合して戸惑います。ブレードランナーみたいに人物はメイクにして欲しかった。風景とかは良かった分人物は安っぽくなってて、... ...続きを読む

    エイジ エイジさん  2014年3月3日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ゴッド・ディーバ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi