エイリアン コヴェナント

122分
 

特集

予告編・フォトギャラリー

ご使用のブラウザはHTML5に対応していません。

解説

リドリー・スコット監督が自身の傑作SF「エイリアン」の前日譚を描いた「プロメテウス」の続編。新たな主人公となる女性ダニエルズを、「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」で注目されたキャサリン・ウォーターストンが演じ、「プロメテウス」でアンドロイドのデヴィッド役を演じたマイケル・ファスベンダーが続投。前作に続いてスコット監督がメガホンをとった。滅びゆく地球から脱出し、人類移住計画を託された宇宙船コヴェナント号には、カップルで構成された乗組員が搭乗していた。やがて人類の新たな楽園となるであろう未知の惑星にたどり着いたコヴェナント号だったが、そこには想像を絶する脅威が存在していた。その恐怖を目の当たりにした乗組員たちは、命からがら星からの脱出を試みるのだが……。

キャスト

キャストの続きを見る

スタッフ

監督

製作

スタッフの続きを見る

作品データ

原題 Alien: Covenant
製作年 2017年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス映画
上映時間 122分
オフィシャルサイト

映画レビュー

レビューする

リドリー・スコット翁のやりたい放題!

『エイリアン』一作目の監督は確かにリドリー・スコットだが、最初にアイデアを考えて脚本化したのはダン・オバノンだし、強烈なクリーチャーデザインはギーガーがもともと描いていたものだし、ギーガーとスコ...

バッハ。さん

「スター・ウォーズ」連作のように、第1作に円環する

SF映画の巨匠として、リドリー・スコットがルーカスに張り合ったのかどうかは不明だが、「スター・ウォーズ」シリーズのように、「エイリアン」シリーズの前日譚として「プロメテウス」と本作を作り、第1作...

AuVisさん

シリーズ継続希望

エイリアン自体の怖さは2で終わってたはずです。2でエイリアンが昆虫みたいになって海兵隊が出てきて今度は戦争だでキャメロン監督のベトナム戦争ネタで。それを好むファンが増えたんでしたよね?コロニアル...

toshiさん

DVD・ブルーレイ情報

映画評論

アンドロイドと監督の残酷性が一体化した、エイリアンの原点回帰!

御歳79歳の巨匠リドリー・スコットにとって、いわゆる「2」や「3」「4」は無きに等しい。それは映画史上もっとも恐ろしいクリーチャー、エイリアンの生みの親として、第1作目の「エイリアン」(79)に対する徹底した自己言及ぶりを見れば明らか...

関連ニュース

関連作品