全米映画ランキング : 2012年11月16日~2012年11月18日

ホーム > 映画ランキング > 全米映画ランキング : 2012年11月16日~2012年11月18日
メニュー

全米映画ランキング

2012年11月19日更新 藤井竜太朗

全米映画ランキング:2012年11月19日発表(毎週月曜日更新)

全米週末興行成績:2012年11月16日~2012年11月18日
(金額・順位は確定後のもの)Exhibitor Relations Co. Inc.

順位 先週 タイトル/邦題 配給
(日本配給)
上映週 週末の興収
(単位:$)
累計興収
(単位:$)
第1位 トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part 2 The Twilight Saga: Breaking Dawn - Part 2
「トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part 2」
Summit Entertainment
(角川映画)
1 138,000,000 138,000,000
第2位 1 007 スカイフォール Skyfall
「007 スカイフォール」
Columbia
(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)
2 41,500,000 161,337,000
第3位 15 リンカーン Lincoln
「リンカーン」
Touchstone
(20世紀フォックス映画)
2 21,000,000 22,419,000
4 2 シュガー・ラッシュ Wreck-It Ralph
「シュガー・ラッシュ」
Walt Disney
(ディズニー)
3 18,312,000 121,479,000
5 3 フライト Flight
「フライト」
Paramount
(パラマウント)
3 8,615,000 61,336,000
6 4 アルゴ Argo
「アルゴ」
Warner Bros.
(ワーナー・ブラザース映画)
6 4,070,000 92,022,000
7 5 96時間 リベンジ Taken 2
「96時間 リベンジ」
20th Century Fox
(20世紀フォックス映画)
7 2,100,000 134,624,389
8 8 ピッチ・パーフェクト Pitch Perfect
「ピッチ・パーフェクト」
Universal
(武蔵野エンタテインメント)
8 1,500,000 61,250,000
9 6 闘魂先生 Mr.ネバーギブアップ Here Comes the Boom
「闘魂先生 Mr.ネバーギブアップ」
Sony Pictures 6 1,200,000 41,019,000
10 10 モンスター・ホテル Hotel Transylvania
「モンスター・ホテル」
Columbia
(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)
8 900,000 142,700,000

■「トワイライト」最終章がV。スピルバーグ&デイ=ルイスの「リンカーン」は3位に

サンクスギビング(感謝祭)を控え、拡大公開された2本の大作がランクインした先週末の全米ボックスオフィス。約1億4100万ドルという記録的なオープニング興収で首位デビューを飾ったのは「トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part2」だった。

この約1億4100万ドルという数字は、「アベンジャーズ」(12年5月/約2億700万ドル)、「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」(11年/約1億6900万ドル)、「ダークナイト ライジング」(12年7月/約1億6000万ドル)、「ダークナイト」(08年/約1億5800万ドル)、「ハンガー・ゲーム」(12年3月/約1億5200万ドル)、「スパイダーマン3」(07年/約1億5100万ドル)、そして「ニュームーン トワイライト・サーガ」(09年/約1億4200万ドル)に次ぐ、歴代8位のオープニング興収。すぐ後ろの第9位に「トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part 1」(11年/約1億3800万ドル)がつけており、歴代オープニング興収の7、8、9位が「トワイライト・サーガ」できれいに並ぶ結果となった。

同作は、人間の少女とバンパイアの禁断の恋を描く、ステファニー・メイヤー原作によるシリーズ最終章2部作の後編。人間をやめてバンパイアになったベラとエドワードとの間に出来た赤ん坊がすべてのバンパイアを滅ぼす「不滅の子」だとして、バンパイアの王族がエドワード一家の抹殺を計るが……。シリーズ最終作ということで興行は盛り上がったが、レビューは「ハリー・ポッター」のラストのような激賞ぶりは見られず、やや寂しいフィナーレとなっている。出演は、ベラにクリステン・スチュワート、エドワードにロバート・パティンソンのほか、テイラー・ロートナー、ダコタ・ファニング、マイケル・シーン。監督は「Part 1」同様、ビル・コンドン。

2位は、2週目も約4100万ドルと好調を維持した「007 スカイフォール」。10日間の累計は約1億6000万ドルで、早くも前作「007 慰めの報酬」の最終興収約1億6700万ドルにリーチ。最終興収は2億5000万ドルあたりまで伸びるのではないかと言われている。

そして、拡大公開により前週15位から3位にランクインしてきたのが、巨匠スティーブン・スピルバーグと、2度のオスカー受賞を誇る名優ダニエル・デイ=ルイスの強力タッグによる伝記ドラマ「リンカーン」。タイトルの通り、アメリカ合衆国第16代大統領エイブラハム・リンカーンの人生を描いた作品で、タイトルロールを演じたデイ=ルイスの演技が早くも話題となっている。例によって、デイ=ルイスのオスカーノミネートは確実。その他、サディアス・スティーブンスを演じたトミー・リー・ジョーンズの演技も高い評価を受けており、主演男優デイ=ルイス、助演男優ジョーンズというダブル受賞の可能性もささやかれている。作品自体にも高い評価が集まっており、来春のアカデミー賞授賞式まで息の長い興行になりそうだ。出演はデイ=ルイス、ジョーンズのほかに、サリー・フィールド、ジョセフ・ゴードン=レビット、デビッド・ストラザーン、ハル・ホルブルック、ジャッキー・アール・ヘイリー、ジェームズ・スペイダー。

今週末は、その圧倒的な映像美が早くも話題のアン・リー監督による冒険ドラマ「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」に、ジョン・ミリアス監督&パトリック・スウェイジ主演の「若き勇者たち」をクリス・ヘムズワース主演でリメイクした「Red Dawn」、ドリームワークスアニメ「不思議の国のガーディアンズ(仮題)」が公開となる。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi