ブルース・ロビンソン : ウィキペディア(Wikipedia)

ブルース・ロビンソン(Bruce Robinson、1946年5月2日 - )は、イギリスの映画監督、脚本家、俳優、著作家である。

経歴

1946年5月2日、ケント州ブロードステアーズに生まれる。セントラル・スクール・オブ・スピーチ・アンド・ドラマで学んだ。

1968年、フランコ・ゼフィレッリ監督の『ロミオとジュリエット』に出演する。1987年、『ウィズネイルと僕』で映画監督デビューを果たす。1989年に『広告業界で成功する方法』、1992年に『ジェニファー8』を監督した。2011年、ジョニー・デップ主演の『ラム・ダイアリー』を監督した。

フィルモグラフィー

映画

  • ロミオとジュリエット Romeo and Juliet (1968年) - 出演
  • プライベート・ロード Private Road (1971年) - 出演
  • アデルの恋の物語 L'Histoire d'Adèle H. (1975年) - 出演
  • ホテル Kleinhoff Hotel (1977年) - 出演
  • キリング・フィールド The Killing Fields (1984年) - 脚本
  • ウィズネイルと僕 Withnail and I (1987年) - 監督・脚本
  • 広告業界で成功する方法 How to Get Ahead in Advertising (1989年) - 監督・脚本
  • シャドー・メーカーズ Fat Man and Little Boy (1989年) - 脚本・原作
  • ジェニファー8 Jennifer 8 (1992年) - 監督・脚本
  • スティル・クレイジー Still Crazy (1998年) - 出演
  • リターン・トゥ・パラダイス Return to Paradise (1998年) - 脚本
  • IN DREAMS/殺意の森 In Dreams (1999年) - 脚本
  • ラム・ダイアリー The Rum Diary (2011年) - 監督・脚本

著書

  • Paranoia in the Launderette (1998年)
  • The Peculiar Memories of Thomas Penman (1998年)
  • The Obvious Elephant (2000年)
  • Harold and the Duck (2005年)
  • They All Love Jack: Busting the Ripper (2015年)

受賞

  • 1985年 - 第38回英国アカデミー賞 - 脚色賞(『キリング・フィールド』)

関連文献

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2020/02/16 15:20 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「ブルース・ロビンソン」の人物情報へ