フランソワ・ビリエ : ウィキペディア(Wikipedia)

ホーム > 俳優・監督 > フランソワ・ビリエ > ウィキペディア(Wikipedia)
メニュー

フランソワ・ビリエのウィキペディア

フランソワ・ヴィリエFrançois Villiers, 1920年3月2日 - 2009年1月29日)は、フランスの映画監督、脚本家である。レジオンドヌール勲章シュヴァリエ章の受章者である。

人物・来歴

1920年3月2日、フランスの首都パリに生まれる。兄は俳優のジャン=ピエール・オーモンである。

助監督となり、第二次世界大戦中の1945年(昭和20年)7月18日に公開された、シルヴィア・バタイユ主演、ピエール・カロン監督の『彼らは五人の休暇軍人だった』等に参加する。1948年(昭和23年)、監督に昇進し、『マルセイユの一夜』でデビューする。

10年のブランクを経て1958年(昭和33年)に2作目を監督し、3作目の『河は呼んでいる』が同年の第11回カンヌ国際映画祭でパルムドールにノミネートされたが、受賞は逸した。同作は、翌1959年(昭和34年)のゴールデングローブ賞で外国語映画賞を受賞した。同年の1月、映画批評誌『カイエ・デュ・シネマ』の1月号で、のちにヌーヴェルヴァーグの旗手とされた当時批評家のジャン=リュック・ゴダールが発表した「1958年のベストテン」で、ルキノ・ヴィスコンティ監督の『白夜』を第9位に抑えて、同作を第8位に挙げたLes Cahier du Cinema, Numero 91, Janvier 1959, 1959年1月号。。

1966年(昭和41年)からはテレビ映画に専念、多くのテレビシリーズを監督した。

1989年(平成元年)、23年ぶりに監督した映画『マニカの不思議な旅』が、第42回カンヌ国際映画祭で観客賞を獲得した。

2009年1月29日、パリ郊外、オー=ド=セーヌ県ブーローニュ=ビヤンクールで死去した。満88歳没。

おもなフィルモグラフィ

  • 『彼らは五人の休暇軍人だった』 Ils étaient cinq permissionnaires : 監督ピエール・カロン、 1945年 - 助監督
  • 『マルセイユの一夜』 Hans le marin : 1948年 - 監督
  • 『河は呼んでいる』 L'Eau vive : 1958年 - 監督
  • La Verte Moisson : 1959年 - 監督
  • Pierrot la tendresse : 1960年 - 監督
  • Le Puits aux trois vérités : 1961年 - 監督・脚本
  • 『明日に太陽を』 Jusqu'au bout du monde : 1962年 - 監督・脚本
  • 『マニカの不思議な旅』 Manika, une vie plus tard : 1989年 - 監督・脚本

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2017/07/18 10:35 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

  • フランソワ・ビリエ
  • フランソワ・ビリエの作品
  • フランソワ・ビリエの受賞歴
  • フランソワ・ビリエの写真・画像
  • フランソワ・ビリエの動画
  • フランソワ・ビリエの関連記事
  • フランソワ・ビリエのDVD
  • フランソワ・ビリエのWikipedia
  • フランソワ・ビリエの密着
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi