遠山景織子 : ウィキペディア(Wikipedia)

ホーム > 俳優・監督 > 遠山景織子 > ウィキペディア(Wikipedia)
メニュー

遠山景織子のウィキペディア

遠山 景織子(とおやま きょおこ、1975年5月16日 - )は、日本の女優。東京都出身。オフィス・メイ所属。東京都立野津田高等学校中退。

人物・略歴

3人姉妹の次女として誕生(遠山家では代々「景」の通字が使われることが多く、3姉妹それぞれが字を使って命名された)。よく間違えられるが、名前の読みは「きょこ」ではなく「きょこ」である。

地元の中学に進学し、春休みに初めて原宿駅へ行き、竹下通りを歩いたところ3社からスカウトされ、最初に声を掛けてきたフリーダムに所属。

1990年、ネスレ日本(ミロ)のポスターデビュー。企業広告や一部ファッション雑誌のモデルとして活動を始め、1992年のサントリーでの「南アルプスの天然水初代CMガール」に起用され、注目を集める。

1993年3月、本格的に女優を目指すため、本人の意思で高等学校を中退。演技のレッスンに専念する。所属事務所はエスパースに移籍。同年5月、『高校教師』のオーディションで350人の中からヒロイン・柏木繭役に選ばれる。「彼女が面接室の扉を叩いて席につくまでの数十秒の間に結論は出ていた」というスタッフの証言があるほど際立っていた存在で、原作・脚本の野島伸司にも「繭役は絶対に彼女!」と絶賛されて大役の切符を手にした。ヌードも辞さない体当たりの演技が評価され、日本アカデミー賞、ブルーリボン賞を始めとする主要な新人賞を総なめにした。

1997年、所属事務所をラミパスに移籍。

1998年、日中合作ドラマ『風雨一世情』(邦題:『漆器』)でアジアデビューを果たす。同年4月には『びじゅある』にレギュラー出演(番組内では小泉今日子の「キョンキョン」にあやかって「GYON2ギョンギョン)」という愛称で呼ばれた)。『笑う犬の生活』にもレギュラー出演し、産休で番組を降板するまで様々なコントにも挑戦し、人気を博した(2008年の『笑う犬2008秋』には産休で降板して以来7年ぶりに出演した)。

2001年、遠山の妊娠を機に元光GENJIの山本淳一の所属事務所から妊娠2ヶ月であることと結婚する意向である事がFAXでマスコミ向けに発表され、4月に入籍する予定と見られたが、9月の男児出産後に未入籍であることが明らかになり、交際が破局していたことが発覚。

2006年、『偽りの花園』にて主演。製作発表の席では服部宣之から「日本で一番美しい涙を流す女優」と形容された。

2010年、長年、遠山の入籍相手として噂に上がっていた辻岡正人が、自身のブログで入籍説を否定した。

2013年、オフィス・メイへの所属事務所移籍を発表。

出演

映画

  • 1993年:「高校教師」(東宝・吉田健監督)
  • 1996年:「美味しんぼ」(松竹・森崎東監督)
  • 1996年:「ロード」(東宝・小田切正明監督)
  • 1996年:「ソクラテス」(日活・鶴巻日出雄監督)
  • 1997年:「ポストマン・ブルース」(日活・SABU監督)
  • 1997年:「冷たい血 AN OBSESSION」(ビターズ・エンド・青山真治監督)
  • 1998年:「ドルフィン・スルー」(ケイエスエス・伊藤秀裕監督)
  • 1999年:「チャカ2」(ビジョンスギモト・渡辺武監督)
  • 2000年:「京極夏彦 怪 七人みさき」(松竹・酒井信行監督)
  • 2004年:「ULTRAMAN」(松竹・小中和哉監督)
  • 2005年:「火火」(ゼアリズエンタープライズ・<i>高橋</i>伴明監督)
  • 2005年:「楳図かずお 恐怖劇場「ねがい」」(松竹・清水厚監督)
  • 2007年:「世界はときどき美しい」(ユナイテッドエンタテインメント・御法川修監督)
  • 2007年:「アンフェア the movie」(東宝・小林義則監督)
  • 2011年: 毎日かあさん(小林聖太郎監督)
  • 2014年:「オンディーヌの呪い」(甲斐さやか監督)
  • 2016年:「ホテルコパン」- 美智代 役
  • 2016年:「月光」(小澤雅人監督)

テレビドラマ

  • 1994年:「いつも心に太陽を」(TBS)
  • 1994年:「若者のすべて」(フジテレビ)
  • 1995年:「湘南リバプール学院」(フジテレビ)
  • 1995年:「輝く季節の中で」(フジテレビ)
  • 1995年:「FM999 真夏のレディオガール」(毎日放送)
  • 1995年:「ベストフレンド」(読売テレビ)
  • 1996年:「キャンパスノート」(TBS)
  • 1996年:「代紋(エンブレム)TAKE2 6話 -勃発 白浜組vs明石組-」(日本テレビ)
  • 1997年:「藤沢周平の用心棒日月抄」(テレビ朝日)
  • 1998年:「世紀末の詩」(NTV)
  • 1999年:「恋愛結婚の法則(ルール)」(フジテレビ)
  • 2000年:「京極夏彦「怪」」(WOWOW) - 山猫廻しのおぎん 役
  • 2000年:「OLヴィジュアル系」(テレビ朝日)
  • 2000年:「OLヴィジュアル系(2nd)」(テレビ朝日)
  • 2002年:「ウエディングプランナー SWEETデリバリー」(フジテレビ)
  • 2003年:「マンハッタンラブストーリー」(TBS)
  • 2003年:「子連れ狼 第二部」第11話(テレビ朝日) - しのぶ 役
  • 2004年:「乱歩R」(よみうりテレビ)
  • 2004年:「怪奇大家族」(テレビ東京) - ないとめ屋女主人・天中殺美 役
  • 2004年:「大奥〜第一章〜」(フジテレビ) - おゆき 役
  • 2005年:「ウルトラマンネクサス」(TBS)
  • 2006年:「ブレスト〜女子高生、10億円の賭け!」(テレビ朝日)
  • 2006年:「神はサイコロを振らない 〜君を忘れない〜」(日本テレビ)
  • 2006年:「PS -羅生門-」第9話(テレビ朝日) - 京子 役
  • 2006年:「偽りの花園」(東海テレビ) - 美禰子 役
  • 2006年:「鉄板少女アカネ!!」第5話(TBS) - 入江福美 役
  • 2007年:「ハケンの品格」第6話(日本テレビ)
  • 2007年:「遠山の金さん (2007年のテレビドラマ)」第8話(テレビ朝日) - お久美 役
  • 2007年:「おじいさん先生」第12話(日本テレビ)
  • 2007年:「歌姫」(TBS) - メリー 役
  • 2007年:「相棒」第4話(テレビ朝日) - 藤沢美紀 役
  • 2008年:「あんどーなつ」第7話(TBS) - 元売れっ子芸者・あや乃 役
  • 2009年: 金曜プレステージ「外科医 鳩村周五郎」5 血塗られた挑戦状I(3月27日、フジテレビ) - 安田麗華(田島沙耶) 役
  • 2010年:「連続ドラマ小説 木下部長とボク」(読売テレビ) - OL・清水智子 役
  • 2010年:「蛇のひと」(WOWOW)
  • 2010年:「天才刑事・野呂盆六 5」(朝日放送) - 田渕三美子 役
  • 2010年:「うぬぼれ刑事」(TBS) - 劇中ドラマ・回想シーンの女性 役
  • 2010年:「新・警視庁捜査一課9係 season2」(テレビ朝日) - 平川琴乃 役
  • 2012年:「家族レッスン」 第2話「かえるのうた」(朝日放送)
  • 2012年:土曜ワイド劇場「アナザーフェイス〜刑事総務課・大友鉄〜」(5月26日、朝日放送) - 内海瑞希 役
  • 2013年:水曜ミステリー9「嫌われ監察官 音無一六〜警察内部調査の鬼〜」(12月18日、テレビ東京) - 甲山香織 役
  • 2014年:「明日、ママがいない」第4話(日本テレビ)
  • 2014年:「慰謝料弁護士〜あなたの涙、お金に変えましょう〜」第10話(読売テレビ) - 吉岡美紀 役
  • 2014年:月曜ゴールデン「十津川警部シリーズ」52 小田原城殺人事件〜一期一会の証言〜(5月12日、TBS) - 近藤政子 役
  • 2014年:水曜ミステリー9「さすらい署長 風間昭平」11 みやぎ松島湾殺人事件(10月8日、テレビ東京) - 野本杏子 役
  • 2015年:「五つ星ツーリスト〜最高の旅、ご案内します!!〜」第3話(1月22日、読売テレビ) - 倉石亜紀 役
  • 2015年:テレビ東京開局50周年特別企画「松本清張 黒い画集-草-」(テレビ東京、2015年3月25日) - 雨宮順子 役
  • 2015年:「婚活刑事」第2話(読売テレビ、2015年7月9日)
  • 2017年:月曜名作劇場「新・十津川警部シリーズ」1 伊豆・下田殺人ルート(1月23日、TBS) - 赤嶺真里子 役
  • 2017年:「警視庁・捜査一課長」第4話(テレビ朝日) - 倉木勝子 役
  • 2018年:「家政夫のミタゾノ」第4話(テレビ朝日) ‐ 山脇千香 役
  • 2018年:誘拐法廷〜セブンデイズ〜 - 樋口光子
  • 2019年:遺留捜査 - 笹森愛子

バラエティレギュラー

  • 1998年:「びじゅある」(関西テレビ)
  • 1998年:「笑う犬の生活」(フジテレビ)
  • 1999年:「笑う犬の冒険」(フジテレビ)
  • 2010年:「笑う犬2010寿」(フジテレビ)

その他のテレビ番組

  • 1997年:「消えた鉄道を歩く〜碓氷峠と美しい村〜」(ハイビジョン実用化試験放送 NHK制作)

舞台

  • 1995年:「ラブ・レターズ」
  • 1998年:「奇妙なゲーム」
  • 1999年:「鏡」
  • 1999年:「およしなさいッ」
  • 2000年:「犬夜叉」
  • 2001年:「犬夜叉」(リターン公演)
  • 2002年:「魔法の黄色い靴」
  • 2008年:「燻し銀河」
  • 2008年:「GOD DOCTOR」
  • 2008年:「7人は僕の恋人」

ラジオ

  • 1999年:「MBSヤングタウン」(金曜日。山本太郎とのコンビ、MBSラジオ)

PV

  • 2004年:THE MICETEETH/「霧の中」
  • 2006年:椎名純平/「残像」
  • 2006年:MALCO/「人らしくないほどに」
  • 2008年:斉藤和義/「歌うたいのバラッド(2008 ver.)」

CM

  • 1990年:ネッスル「ミロ」
  • 1990年:三菱
  • 1992年:サントリー「南アルプスの天然水」
  • 1992年:NEC「Parabola」
  • 1992年:トヨタ「カムリ」
  • 1992年:K&K「ジョイフルゼリー」
  • 1992年:メイトー「カスタードプリン」
  • 1993年:伊勢丹
  • 1993年:KENZO化粧品
  • 1993年:九州テレメッセージ
  • 1994年:ポーラ「ピュアナチュラル」
  • 1996年:リクルート「仕事の部屋」
  • 1997年:テレメッセージ広島
  • 1997年:サントリー「ザ・カクテルバー」
  • 1997年:日本リーバ「オーガニック」
  • 2001年:化粧惑星「フローズンショット」
  • 2004年:TU-Ka 「ツーカーV3エース」
  • 2005年:NTT DoCoMo「東京国際女子マラソン限定CM」
  • 2012年:サントリー「BOSSレインボーマウンテン」(子役編)

書籍

写真集

  • CIN´EMA(2003年11月、バウハウス、撮影:川島文行)ISBN 978-4894619548

受賞歴

  • 第17回日本アカデミー賞新人俳優賞
  • 第36回ブルーリボン賞新人賞
  • 第31回ゴールデン・アロー賞映画新人賞
  • 第19回おおさか映画祭新人賞
  • 第15回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞

(すべて映画『高校教師』による受賞)

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2019/03/17 02:09 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

  • 遠山景織子
  • 遠山景織子の作品
  • 遠山景織子の受賞歴
  • 遠山景織子の写真・画像
  • 遠山景織子の動画
  • 遠山景織子の関連記事
  • 遠山景織子のDVD
  • 遠山景織子のWikipedia
  • 遠山景織子の密着
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi
採用情報