当摩寿史 : ウィキペディア(Wikipedia)

当摩寿史(とうまひさし)は日本の映画監督。テレビドラマ監督。演出家。脚本家。

略歴

中央大学法学部中退。

1983年に助監督として映画業界に入る。『マルサの女2』『スウィートホーム』『あげまん』など伊丹十三監督に信頼を受け、共にした作品も多い。 他に、「タクシードライバー」脚本のポール・シュレイダー、「カッコーの巣の上で」「アマデウス」のミロシュ・フォアマン監督等の合作、『バタアシ金魚』など多数参加。

作品

映画

テレビドラマ

  • 1998年『月のかたち』作・演出:(民間放送連盟優秀賞、ギャラクシー賞奨励賞受賞)
  • 2007年 TX スペシャルドラマ『黒い骨』(脚本・演出)
  • 2012年 CX 『松本清張没後20年特別企画・危険な斜面』(脚本)
他、オリジナル含めドラマ作品多数。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2019/12/27 10:07 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「当摩寿史」の人物情報へ