岩崎夏海 : ウィキペディア(Wikipedia)

岩崎 夏海(いわさき なつみ、1968年7月22日 - )は、日本の男性放送作家、小説家。吉田正樹事務所所属。

略歴

東京都新宿区生まれ、日野市出身。父親は筑波大学元助教授でアーバンデザイナーの岩崎駿介。祖父は岩崎書店創業者の岩崎徹太。

茗渓学園高校、東京芸術大学美術学部建築科卒業。高校時代は軟式野球部に所属し、投手をした。芸大へ進学した理由は特になく、建築家で芸大出身の父親の勧めによる続・受験と私:「学校の勉強とは別 過去問で徹底攻略 毎日新聞 2012年1月15日。芸大在学中も卒業後も建築に対し興味を抱くことはできなかった。

『夕やけニャンニャン』の大ファンで、『週刊プレイボーイ』に連載を持っていた秋元康の企画に葉書を送ったことで秋元と縁を持ち、大学卒業後は秋元康事務所の前身に当たるソールドアウトに所属して秋元康に師事した。

放送作家として『とんねるずのみなさんのおかげです』『ダウンタウンのごっつええ感じ』『クイズ赤恥青恥』など、テレビ番組の制作に参加した後、2005年から2007年までAKB48アシスタントプロデューサーを務める。

2007年12月に秋元康事務所を退職。その後、株式会社インディソフトウェアに入社し、ゲームやウェブコンテンツの開発を経て、2009年4月から吉田正樹事務所所属。作家として活動を始める。

2009年12月、作家として初めての作品となる『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』を発表し、ミリオンセラーを記録。2011年4月よりNHK総合でアニメ版が放送され、また同年6月よりAKB48の前田敦子主演による映画版が公開された。

2015年7月、国立競技場の建設に関して「新しい建物はどさくさのうちに建てるしかない」「東京の新陳代謝はすぐに止まってしまう」「建築がばかばかしく巨大な方が面白い」と、計画が見直されたザハ・ハディド案を絶賛した岩崎夏海のメールマガジン「ハックルベリーに会いに行く」より 僕がザハ案の国立競技場の建設に賛成していた、たった一つの理由 - プレタポルテ by 夜間飛行、2015年7月29日。

2016年、叔父の岩崎弘明からひきつぎ、祖父が創業した児童書出版社・岩崎書店の社長に就任した。

人物

離婚歴がある「もしドラ」作家17歳年下お笑い芸人と結婚 『日刊スポーツ』 2012年1月27日。2012年1月、17歳年下のお笑い芸人・岩間よいこ(当時26歳)と再婚すると報道された。

作品

  • もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら(ダイヤモンド社、2009年12月)
  • エースの系譜(講談社、2011年3月)1998年に書かれたが、出版社が見つからず出版を断念、本人曰く処女作
  • 小説の読み方の教科書 潮出版社、2011年
  • もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら(ダイヤモンド社、2015年12月5日)

共著・監修

  • 甲子園だけが高校野球ではない(監修、廣済堂あかつき、2010年7月)
  • 鮭はここまで約束守ってんのに(桜井章一共著、竹書房、2011年11月1日)
  • 宇宙って面白いの?(星出彰彦共著、講談社、2012年7月10日)
  • 超次元ゲイム ネプテューヌmk2(コンパイルハート、2011年8月 シナリオ)

テレビ出演

  • スタジオパークからこんにちは(2011年3月2日、NHK総合)
  • 雑学王3時間スペシャル(2011年3月24日、テレビ朝日)
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング〜沸騰現場の経済学〜(テレビ東京)

論文

関連項目

  • 秋元康
  • ピーター・ドラッカー
  • 星出彰彦 - 茗溪学園時代、中学・高校と同級生であった宇宙飛行士・星出彰彦と『もしドラ』岩崎夏海は「同級生」 『FRIDAY』 2012年7月13日号86-87頁。

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2020/03/11 10:47 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「岩崎夏海」の人物情報へ