大江崇允

大江崇允
ふりがな
おおえたかまさ
出身
日本/大阪

大阪府出身。近畿大学で舞台芸術を学んだ後「旧劇団スカイフィッシュ」を旗揚げし、演出家や俳優として舞台作品に携わる。その傍らで映画の制作もはじめ、「美しい術」(09)や「適切な距離」(11)、「アスリート 俺が彼に溺れた日々」(19)などの作品で監督や脚本を務める。濱口竜介監督の「ドライブ・マイ・カー」(21)では濱口監督と共同で脚本を担当し、米アカデミー賞の脚色賞にノミネートされた。

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

ラ・ラ・ランド天気の子万引き家族この世界の片隅に1917 命をかけた伝令アリー スター誕生君の膵臓をたべたい(2017)ショーシャンクの空に未来のミライ花束みたいな恋をした

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連作品(映画)

大江崇允の関連作品(映画)をもっと見る

関連作品(海外ドラマ)

大江崇允の関連作品(海外ドラマ)をもっと見る

受賞歴

大江崇允の受賞歴の詳細を見る

写真・画像

大江崇允の写真・画像をもっと見る

関連動画・予告編

大江崇允の関連動画・予告編をもっと見る

関連記事

大江崇允の関連記事をもっと見る

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

「大江崇允」の関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る