大沢健 : ウィキペディア(Wikipedia)

大沢 健(おおさわ けん、1974年12月28日 - )は、日本の俳優。

東京都出身。No.9 Actor 所属。身長178cm、体重65kg。特技は、日本舞踊(花柳流)。

出演

テレビドラマ

  • 真田太平記(1985年 - 1986年、NHK総合)
  • NHK大河ドラマ
    • 春日局(1989年) - 竹千代 役
    • 徳川慶喜(1998年) - 姉小路公知 役
    • 葵 徳川三代(2000年) - 細川忠隆 役
  • いつも誰かに恋してるッ(1990年、フジテレビ系)
  • いつか誰かと朝帰りッ(1990年、フジテレビ系)
  • 先生のお気に入り(1991年、TBS系)
  • 世にも奇妙な物語「STILL」(1991年、フジテレビ)
  • 源義経(1991年、日本テレビ系) - 平敦盛 役
  • キライじゃないぜ(1992年、TBS系)
  • レッスンC(1993年、テレビ朝日)
  • 新・半七捕物帳 第4話「結び文」(1997年、NHK総合)- 清太郎 役
  • 静かなるドン (テレビドラマ版)(1994年、日本テレビ系) - 秋野明美の従兄弟・利彦 役
  • 金田一少年の事件簿(1995年、日本テレビ系) - 遠野英治 役
  • 金田一耕助の傑作推理「幽霊座」(1997年、TBS・東阪企画) - 鶴之助 役
  • オマタかおる(1997年、テレビ朝日系)
  • 十津川警部シリーズ(渡瀬恒彦)「特急しなの連続殺人事件」(1997年、TBS) - 桐山要介 役
  • 39歳の秋(1998年、TBS系)
  • 京都潜入捜査官 THE SLIPPERS(2000年、テレビ朝日系)
  • 弁護士猪狩文助シリーズ(2001年、TBS系) - 野口耕一 役
  • 御宿かわせみ第三章(2005年、NHK金曜時代劇)
  • 土曜ワイド劇場(テレビ朝日)
    • 真夏の女子高生連続殺人(1990年) - 戸川春一 役
    • 牟田刑事官事件ファイル(1998年) - 山野達也 役
    • 橘京子の調査報告書(2005年) - 島田純一 役
  • 女と愛とミステリー / 水曜ミステリー9(テレビ東京)
    • 松本清張没後10年特別企画・家紋 (2002年) - 北川刑事 役
    • 多摩南署たたき上げ刑事・近松丙吉8 「最期のメッセージ」(2005年)
    • 湯けむりドクター華岡万里子の温泉事件簿3 「狐の嫁入り」(2007年)
  • 水戸黄門(TBS・C.A.L)
    • 第37部 第5話「陰謀砕いた美人姫・越後高田」(2007年) - 玉木大吾役
    • 第39部 第12話「愛と復讐の桜島・鹿児島」(2009年) - 菊村数馬(大友喬之助) 役
  • 駄目ナリ!(2004年、よみうりテレビ)
  • トップセールス(2008年、NHK) - 高村雅之 役
  • 相棒 season7 第三話「沈黙のカナリア」(2008年、テレビ朝日) - 後藤新次 役
  • 愛の劇場・ラブレター 第39・40話(2009年1月22・23日、TBS) - 岩村良平 役
  • 新春ワイド時代劇(テレビ東京)
    • 戦国疾風伝 二人の軍師 秀吉に天下を獲らせた男たち(2011年1月2日) - 斎藤龍興 役
  • 連続テレビ小説 梅ちゃん先生 第8週 - 最終週(2012年5月 - 9月、NHK) - 加藤正和 役
  • 京都地検の女 第8シリーズ 第3話(2012年8月2日、テレビ朝日) - 瀬戸恭一郎 役
  • 宮部みゆきミステリー パーフェクト・ブルー 第1話(2012年10月8日、TBS)- 井波洋 役
  • 梅ちゃん先生〜結婚できない男と女スペシャル〜(2012年10月13日・20日、NHK BSプレミアム) - 加藤正和 役
  • MONSTERS 第7話(2012年12月2日、TBS) - 沢村誠一 役
  • 子連れ信兵衛 第5話「罪作りな母の愛」(2015年12月11日、NHK BSプレミアム) - 仁吉 役
  • 明日の君がもっと好き(2018年) - 宇都雅也 役

映画

  • タンポポ(1985年、東宝) - いじめっ子 役
  • ぼくらの七日間戦争(1988年、東宝) - 中尾和人 役
  • ファンシイダンス(1989年、大映) - 塩野郁生 役
  • ハッピーエンドの物語(1991年、ニュー・センチュリー・プロデューサーズ)
  • 電影少女 -VIDEO GIRL AI-(1991年、東宝) - 主演・弄内洋太 役
  • 超少女REIKO(1991年、東宝) - 緒方志郎 役
  • 元禄女太陽伝(1993年、欽ちゃんのシネマジャック、東宝)
  • ラブ&ポップ(1998年、ラブ&ポップ製作機構)
  • SF サムライ・フィクション(1998年、シネカノン)
  • 長髪大怪獣ゲハラ(2009年、日本放送協会) - 主演・萩原英男 役

舞台

  • 王女メディア(1986年 東宝 作:エウリピデス 演出:蜷川幸雄
  • 青い鳥のハムレット 大いなる感情過多(1992年 青い鳥 作:ウィリアム・シェイクスピア 演出:芹川藍
  • アナザー・カントリー(1994年 ジェントル・アーツ 作:ジュリアン・ミッチェル 演出:釜紹人)
  • 常陸坊海尊(1997年 ポイント東京 作:秋元松代 演出:蜷川幸雄)
  • ハムレット(1998年 松竹 作:ウィリアム・シェイクスピア 演出:末木利文)
  • 真夜中のパーティ(1998年 博品館劇場 作:マート・クロウリー 演出:遠藤吉博)
  • パパに乾杯(1999年 ケイダッシュステージ 作:アラン・エイクボーン 演出:山田和也
  • パーフェクト・デイズ(2000年 ホリプロ 作:リズ・ロケット 演出:宮田慶子)
  • 青春・最終章〜僕たちの決算〜(2000年 ひょうご舞台芸術 作:ケネス・ロネガン 演出:鵜山仁)
  • ロミオとジュリエット2001(2001年 東宝 作:ウィリアム・シェイクスピア 潤色・演出:釜紹人)
  • 男の花道(2001年 松竹 原案:小国英雄 作:巌谷槇一 脚色:齋藤雅文 演出:金子良次)
  • グラディスおばあさんの画廊(2002年 シアター21 作:ケネス・ロネガン 演出:宮田慶子)
  • オスカー(2002年 NLT 作:クロード・マニエ 演出:鵜山仁)
  • ゴロヴリョフ家の人々(2003年 新国立劇場 原作:サルティコフ・シチェドリン 脚本・演出:永井愛)
  • 扉を開けて、ミスター・グリーン(2003年 ひょうご舞台芸術 作:ジョン・バロン 演出:グレッグ・デール)
  • 復元 阿国歌舞伎(2003年 関西楽劇フェスティバル協議会 脚本:小笠原恭子 演出:野村万之丞)
  • LILIES(2003年 スタジオライフ 作:ミシェル・マーク・ブシャルド 上演台本・演出:倉田淳)
  • 透明人間の蒸気(2004年 新国立劇場 作・演出:野田秀樹
  • エリザベス・レックス(2004年 オン・タイム 作:ティモシー・フィンドリー 演出:青井陽治
  • 好色一代女(2005年 原作:井原西鶴 脚本:齋藤雅文 演出:山田和也)
  • 芝居 〜朱鷺雄の城〜(2005年 ひょうご舞台芸術 作:山崎正和 演出:鵜山仁)
  • やわらかい服を着て(2006年 新国立劇場 作・演出:永井愛)
  • ミュージカル ピッピ(2006年8月 アール・ユー・ピー 脚本:スタフォン・イェーテスタム 演出:宮田慶子)
  • たとえば野に咲く花のように -アンドロマケ-(2007年 新国立劇場 作:鄭義信 演出:鈴木裕美
  • 葦ノ籠 〜アシノカゴ〜(2008年 黒色綺譚カナリア派 作・演出:赤澤ムック
  • そのまま!(2008年 足立コミュニティ・アーツ 作:水谷龍二 演出:加納新平)
  • 義弟の井戸(2009年 黒色綺譚カナリア派 作・演出:赤澤ムック)
  • 御用牙(2009年 アール・ユー・ピー 作:竹内佑 演出:内藤裕敬
  • 遠くの戦争 〜日本のお母さんへ〜(2009年 非戦を選ぶ演劇人の会 作:篠原久美子 構成・演出:渡辺えり)
  • 穴(2009年 名古屋をどりの会 作:青井陽治 作舞・演出:西川右近)
  • かたりの椅子(2010年 二兎社 作・演出:永井愛)
  • 琉球ロマネスク テンペスト(2011年 TBSテレビ 原作:池上永一 脚本:羽原大介 演出:堤幸彦
  • 坊っちゃん劇場第8作 奇想天外☆舞音曲劇(みゅーじかる)『げんない』(2013年4月~7月、11月~12月 作・作詞・演出:横内謙介 作曲:深沢桂子 振付:ラッキイ池田・彩木 エリ)
  • 鶴八鶴次郎(2016年 演劇倶楽部『座』 原作:川口松太郎 構成・演出:壤晴彦

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/08/11 11:21 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「大沢健」の人物情報へ