阿部秀司 : ウィキペディア(Wikipedia)

阿部 秀司(あべ しゅうじ、1949年8月7日阿部秀司事務所・プロフィールより - )は、日本の映画プロデューサー。阿部秀司事務所代表。東京都出身。

元CMディレクター、クリエイティブディレクター、コピーライター。

経歴

慶應義塾大学法学部政治学科卒業。

広告代理店・第一企画(現:アサツー ディ・ケイ)から独立後、企画制作プロダクションROBOTを設立。

岩井俊二の映画デビュー作品『Love Letter』『Undo』『PiCNiC』の制作をきっかけに映画プロデュースを開始。他にも、本広克行森淳一羽住英一郎小泉徳宏らの映画デビュー作を世に送り出している。

フジテレビ、日本テレビ、テレビ朝日など民放キー局との連携を武器に圧倒的なプロモーション活動を展開、

『ALWAYS 三丁目の夕日』などの大ヒット作を送り出している。

2005年、日本映画テレビプロデューサー協会選出のエランドール賞を受賞。

2010年3月、ROBOTを退職、創業者・顧問に就任。

2010年7月、株式会社阿部秀司事務所を設立。

2015年、『STAND BY ME ドラえもん』の製作において伊藤善章・梅澤道彦とともに、第34回藤本賞を受賞。

映画

  • FLOWERS -フラワーズ-
  • BALLAD 名もなき恋のうた
  • 重力ピエロ
  • おっぱいバレー
  • ホノカアボーイ
  • K-20 怪人二十面相・伝 - エグゼクティブ・プロデューサー
  • 少林少女
  • Sweet Rain 死神の精度
  • ガチ☆ボーイ
  • ALWAYS 続・三丁目の夕日 - エグゼクティブ・プロデューサー
  • UDON
  • ALWAYS 三丁目の夕日 - エグゼクティブ・プロデューサー
  • LIMIT OF LOVE 海猿
  • 銀色のシーズン
  • タイヨウのうた
  • 交渉人 真下正義
  • 容疑者 室井慎次
  • 海猿
  • ジュブナイル
  • リターナー
  • サトラレ
  • スペーストラベラーズ
  • パラサイト・イヴ
  • PiCNiC
  • undo
  • RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語(2010年)
  • RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ(2011年)
  • ワイルド7(2011年)
  • ALWAYS 三丁目の夕日'64 - エグゼクティブ・プロデューサー(2012年)
  • 永遠の0(2013年)
  • 海賊とよばれた男(2016年)
  • DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年)
  • 嘘を愛する女(2018年)
  • かぞくいろ RAILWAYS わたしたちの出発(2018年)
  • アルキメデスの大戦(2019年)
  • ドラゴンクエスト ユア・ストーリー(2019年)
  • ルパン三世 THE FIRST(2019年)

関連項目

注釈

参考文献

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2019/10/03 03:52 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「阿部秀司」の人物情報へ