芦澤明子 : ウィキペディア(Wikipedia)

芦澤 明子(あしざわ あきこ、1951年 - )は、日本の撮影監督、キャメラウーマン。東京都出身。

経歴

青山学院大学時代にジャン=リュック・ゴダールの『気狂いピエロ』を見て映画に目覚める。自主制作映画、ピンク映画の撮影を経て、テレビのコマーシャルフィルムの制作に携った。『LOFT ロフト』『叫』『トウキョウソナタ』など、映画監督の黒沢清などとよく組む。 日本映画撮影監督協会(J.S.C.)所属。

2016年、芸術選奨文部科学大臣賞(映画部門)、第40回山路ふみ子映画賞・山路ふみ子映画功労賞を受賞。2018年春の褒章で紫綬褒章を受章紫綬褒章受章者 時事ドットコム、2018年4月28日。

主な撮影作品

映画

  • よい子と遊ぼう (1994年)
  • ファザーファッカー (1995年)
  • したくて、したくて、たまらない、女。 (1995年)
  • ぬるぬる燗燗 (1996年)
  • 藪の中 (1996年)
  • タイム・リープ あしたはきのう (1997年)
  • 林檎のうさぎ (1997年)
  • YYK論争 永遠の誤解 (1999年)
  • 火星のわが家 (2000年)
  • 守ってあげたい! (2000年)
  • 鎖縛 SABAKU (2000年)
  • みすゞ (2001年)
  • 狼少女 (2002年) - 撮影協力
  • UNloved (2002年)
  • 忘れてはイケナイ物語り オキナワ (2002年)
  • ここに、幸あり (2003年)
  • HAZAN (2003年)
  • 世界はときどき美しい (2004年) - 兼照明
  • オーバードライヴ (2004年)
  • 成瀬巳喜男 記憶の現場 (2005年) - 兼企画
  • 乱歩地獄『芋虫』 (2005年)
  • Fire! (2006年)
  • LOFT ロフト (2006年)
  • サンクチュアリ (2006年)
  • スキトモ (2007年)
  • 刺青 堕ちた女郎蜘蛛 (2007年)
  • 叫 (2007年)
  • ユメ十夜 (2007年)
  • 世界はときどき美しい (2007年) - 兼照明
  • 歌謡曲だよ、人生は (2007年)
  • 屋根裏の散歩者 (2007年)
  • 一万年、後....。 (2007年)
  • ダーク・ラブ 〜Rape〜 (2008年)
  • きみの友だち (2008年)
  • トウキョウソナタ (2008年)
  • しあわせのかおり (2008年)
  • 色彩の記憶 (2009年)
  • シャーリーの好色人生 (2009年) - 兼照明
  • モノクロームの少女 (2009年)
  • 60歳のラブレター (2009年)
  • 南極料理人 (2009年)
  • 恐怖 (2010年)
  • 三色映画 UFO食堂 (2010年)
  • 東京島 (2010年)
  • フォーゴットン・ドリームス (2011年)
  • 孤独な惑星 (2011年)
  • わが母の記 (2012年)
  • コラボ・モンスターズ!!『kasanegafuti』 (2012年)
  • ぱいかじ南海作戦 (2012年)
  • 夜が終わる場所 (2012年)
  • ゆめのかよいじ (2013年)
  • リアル〜完全なる首長竜の日〜 (2013年)
  • 同じ星の下、それぞれの夜 (2013年)
  • 絶叫学級 (2013年)
  • もらとりあむタマ子 (2013年) - 池内義浩と共同
  • 受難 (2013年)
  • 華魂 (2013年)
  • WOOD JOB! 〜神去なあなあ日常〜 (2014年)
  • 滝を見にいく (2014年)
  • さようなら(2015年)
  • 岸辺の旅(2015年)
  • シェル・コレクター(2016年)
  • モヒカン故郷に帰る(2016年)
  • オケ老人!(2016年)
  • 散歩する侵略者(2017年)
  • 羊の木(2018年)
  • 海を駆ける(2018年)
  • 旅のおわり世界のはじまり(2019年)
  • 影裏(2020年)
  • 子供はわかってあげない(2020年)

テレビドラマ

  • 贖罪 (2012年1月8日 - 2月5日、WOWOW)
  • 私という運命について (2014年3月23日 - 4月20日、WOWOW)
  • 宮本から君へ(2018年4月6日 - 、テレビ東京)

受賞歴

  • 2009年 第30回ヨコハマ映画祭:撮影賞『トウキョウソナタ』『きみの友だち』『しあわせのかおり』
  • 2009年 第4回おおさかシネマフェスティバル:撮影賞『トウキョウソナタ』『しあわせのかおり』
  • 2012年 第67回毎日映画コンクール:撮影賞『わが母の記』
  • 2013年 第36回日本アカデミー賞:優秀撮影賞『わが母の記』
  • 2016年 平成27年度(第66回)芸術選奨 映画部門:『さようなら』『岸辺の旅』の成果
  • 2016年 第25回日本映画プロフェッショナル大賞:特別功労賞『岸辺の旅』と長年の映画撮影の功績に対して
  • 2018年 紫綬褒章

関連項目

  • 日本映画

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2020/05/16 21:12 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「芦澤明子」の人物情報へ