アンナ・カリーナ : ウィキペディア(Wikipedia)

アンナ・カリーナ(Anna Karina、本名:Hanne Karen Blarke Bayer、1940年9月22日 - 2019年12月14日)は、デンマーク・コペンハーゲン出身のフランスの女優。ヌーヴェルヴァーグ時代に活躍。

来歴・人物

1940年9月22日、デンマーク・コペンハーゲンに生まれる。母は洋裁店を営み、父親は船員であったが、カリーナが生まれて1年後に家族を捨ててしまう。そのため4歳になるまで祖父母に育てられ、その後4年間は里親の元で育つ。その後母親と暮らすようになるが、頻繁に家出をしていたというColin MacCabe, Godard: A Portrait of the Artist at Seventy. (New York: Farrar, Straus and Giroux, 2003). p. 125.。デンマークではキャバレーで歌ったりモデルなどをするようになる。14歳の時にデンマークの短編映画に出演しているが、その作品はカンヌ国際映画祭で賞を獲得しているMacCabe, 126.。17歳の時にフランス・パリに移る。パリに付いた当時はフランス語を話すことが出来なかったが、スカウトされてモデルとして活躍する。「アンナ・カリーナ」という芸名は当時出会ったココ・シャネルが授けたMacCabe, 127.。

1960年、ジャン=リュック・ゴダール監督の作品『小さな兵隊』の主演に抜擢される。以後もゴダール作品に数多く出演している。2人は1961年に結婚し、1964年には共同で映画製作会社「アヌーシュカ・フィルム」を設立した。第1回作品は『はなればなれに』(1964年)。ゴダールとは1965年に離婚し、その後4度の結婚歴がある。1970年代後半にはライナー・ヴェルナー・ファスビンダー作品の常連だったドイツ人俳優兼映画監督ウリ・ロンメルと交際し、共に映画製作を行っている。

1961年の『女は女である』で、ベルリン国際映画祭女優賞を受賞している。

2019年12月14日、癌のためパリで死去。。

主な出演作品

公開年邦題原題役名備考
1960 小さな兵隊Le Petit Soldat ヴェロニカ・ドレエル
1961 女は女であるUne femme est une femme アンジェラ ベルリン国際映画祭 女優賞 受賞
1962 5時から7時までのクレオCléo de 5 à 7 アナ
女と男のいる舗道 Vivre sa vie: Film en douze tableaux ナナ
1963 シェラザードShéhérazade シェラザード
1964 はなればなれにBande à part オディール
輪舞La Ronde
スタンダールの恋愛論 De l'amour
1965 アルファヴィル Alphaville, une étrange aventure de Lemmy Caution ナターシャ
国境は燃えているLe Soldatesse
気狂いピエロ Pierrot le fou マリアンヌ・ルノワール
1966 修道女 La Religieuse スザンヌ
1966 メイド・イン・USA Made in U.S.A. ポーラ・ネルソン
1967 アンナAnna アンナ テレビ映画
愛すべき女・女たち 未来展望 Le Plus vieux métier du monde: Anticipation ou l'amour en l'an 2000 ナターシャ / エレノール・レモヴィッチ / ホステス703号 オムニバスの一篇
1968 異邦人 Lo Straniero マリー
怪奇と幻想の島 The Magus アンネ
1969 悪魔のような恋人 Laughter in the Dark マーゴット
アレキサンドリア物語 Justine メリッサ
1972 ザルツブルグ・コネクション The Salzburg Connection アンナ
1976 シナのルーレット Chinesisches Roulette イレーネ
1987 タンジール/復讐の熱い夏…1956 Dernier été à Tanger
1988 黒の過程 L'Oeuvre au noir カトリーヌ
1995 パリでかくれんぼ Haut bas fragile サラ
1996  クロエ〜無垢な娼婦〜 Chloé カティア テレビ映画
2002  シャレード The Truth About Charlie クラブ歌手カリーナ
2003 ぼくセザール 10歳半 1m39cmMoi César, 10 ans 1/2, 1m39 グロリア

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2019/12/17 09:22 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「アンナ・カリーナ」の人物情報へ