【インタビュー】香取慎吾が忘れられない、「あの人」の笑顔

2022年9月23日 12:00

取材に応じた香取慎吾
取材に応じた香取慎吾

忍者ハットリくん、孫悟空(「西遊記」)、両津勘吉(「こちら葛飾区亀有公園前派出所」)など、数多くの“キャラクターもの”に扮してきた香取慎吾が、市井昌秀監督作「犬も食わねどチャーリーは笑う」で極端ではあるが平凡な男を好演している。トップスターの道をひた走ってきた香取は、この平凡な男に何を見出したのか――。(取材・文/大塚史貴、写真/根田拓也)

市井監督が脚本も兼ねたオリジナル作品「犬も食わねどチャーリーは笑う」は、結婚4年目を迎えた裕次郎(香取)と日和(岸井)が、妻たちの恐ろしい本音がつづられたSNSの「旦那デスノート」をきっかけに、引くに引けない夫婦ゲンカに発展する様子を描くブラックラブコメディ。

画像2

■不満を作らない術を持っている

作品全体を通して、いわゆる「夫婦あるある」がちりばめられている。鈍感すぎる裕次郎の不用意な言動が蓄積されていき、日和の堪忍袋の緒が切れるさまは、「あるある」では済まされない恐怖を世の夫たちにもたらすはずだ。香取は、日常生活の中で不満を感じることはないのだろうか。

香取:不満がないので、不満を作らない術を持っているのかもしれません。要は、不満以前の段階で回避しているんでしょうね。自分から、そうではない方向に持っていく。

不満というものが、自分だけではなく周囲も関わってくる類のものだとしたら、僕の方で周囲の人々もそうではない方向に連れて行っちゃう感じはします。

画像3

不満がない香取にとっては、今作で演じた裕次郎を作品世界で生き切ることは容易ではなかったはずだ。このキャラクターに説得力を持たせるために、強く意識したことを聞いてみた。

香取:この役はとても難しくて、ステレオタイプ的な前向きさというか、「あの人のために!」みたいな考えは持ち合わせていない(笑)。それでいて、自分だけのことを考えているとも言い切れない。この「自分のことさえも見えていない」という感じが、演じていくにつれてどんどん難しくなっていったんです。

皆を引っ張って「さあ、前に突き進もう!」というのと、対極にある「もう仕事なんかしたくない」「俺なんかどうだっていいんだよ」というものの中間地点に近いんですよね(笑)。どちらかであれば、監督の「よーい、スタート!」というカチンコの合図とともに振り切れるはずなんです。

本番のタイミングで、「考えているようで考えていない、なんなら明日すら見えていない」という、大袈裟にいえばそれくらいの立ち位置に自分を持っていかなければ、今回の裕次郎じゃないと感じたので、本当に難しかったですね。


市井昌秀監督との共通点

そんな難役を作り上げた市井監督との出会いは、15年前。香取が「ぴあフィルムフェスティバル」の審査員を務めた際、市井監督は「無防備」という作品で出品し、グランプリを獲得している。

香取:審査員として参加していて、僕もすごく好きな作品でした。でも、授賞式で少し話をして以来、ずっとお会いしていませんでした。それが、草なぎ剛の「台風家族」を監督したのが市井さんだと知って、「うわあ、すごい!」と。

それで、僕の方からミュージックビデオの監督をお願いしました。その後、「今度は映画とかお芝居の現場でご一緒したいですね」とお話ししていたら、監督の中でジワジワと考えてくださっていたみたいなんです。

画像4

香取が演じた裕次郎は市井監督の「当て書き」だったそうだが、エッセンスとして市井監督の内面も多分に役に盛り込まれていたことは想像に難くない。実際に現場を共にしてみて、香取は自らとの類似点を挙げる。

香取:いろいろなタイプの監督さんがいますが、市井さんはその場その場で判断していく方で、それは僕と似ている気がします。僕も現場でお芝居を組み立てていく方で、事前に勉強はしないし、脚本もあまり読まない。

というのも、その場じゃないと分からないことがあるじゃないですか。テーブルが丸いのか、四角いのかというのは、現場に行って初めて分かること。それに対応するために、あまり事前に固めて行かない。

市井さんも、現場で突然「ごめんなさい、このシーン、やっぱりやめます!」という事があったのですが、その場で頭をフル回転させながら作っていく感じが、非常に面白かったです。

画像5

■意外な人物が暴れた挙式の思い出

劇中、香取扮する裕次郎が部下の結婚披露宴でスピーチをするシーンがある。結婚式を題材にした映画、ドラマが数多く存在することからも、アクシデントの多いイベントであることが見て取れる。香取に結婚式にまつわるエピソードを聞いたところ、思いもしない爆笑話が飛び出した。

香取:「キャイ~ン」の天野っち(天野ひろゆき)の結婚式に呼んでもらったことがあるんです。僕の人生で、披露宴の前の挙式にも呼んでもらったのは、その一度だけじゃないかな。

関根勤さんたちと参列させていただいたんですが、酔っぱらったウドちゃん(ウド鈴木)が「天野くん、天野くん」って大騒ぎしながら泣くんです。周囲は大爆笑。でも、大爆笑する空気でもないじゃないですか(笑)。

画像6

ウドちゃんはその後も、「天野くんが結婚するから、奥さんも天野くんかあ~」とか、ぶつくさ言っていて、もうハチャメチャですよ。僕らが「静かにしろ!」ってウドちゃんを抑え込んだことは、今でも忘れられませんね。そういえば、あれ以来、挙式には出席したことがないなあ。


■あんな笑顔が浮かべられるようになりたい

「旦那デスノート」というワードが強烈なインパクトこそ与えるが、今作が伝えたいメッセージは「思いやりの心が大事なんだ」ということ。長きにわたって芸能界のトップを駆け抜けてきた香取も「心が救われた」瞬間は幾つもあるはず。香取が大切にしている、誰かの思いやりについて思い出してもらった。

香取:田中邦衛さんの笑顔ですね。

邦さんの笑顔、大好きなんです。何度か共演させていただいたのですが、もうルーティンと言っても良いくらいに、お会いするたびに冗談交じりで「おまえら、ふざけんなよ」って入って来られて、皆で笑い合っていると「笑ってるんじゃねえよ」って。

画像7

それでさらに皆で爆笑すると、邦さんが僕の肩に手を置いて「ありがとね」って。あの笑顔が、本当に忘れられない。「明日もまた邦さんに会いたいな」って思えるほどに大好き。僕もあんな笑顔が浮かべられるようになりたいって、自然と勉強させられましたね。


■「今さら」を「今から」に

11歳でデビューを果たした香取も、45歳。一般的な45歳が新たなことを始めようとするとき、「今さら……」という心境に陥ることは珍しいことではないはずだ。だが、「さ」を「か」に一文字入れ替えるだけで、「今から」と真逆の発想に転換することが出来る。香取にとっての、「今から」は?

香取:最近、体のことを初めて気にするようになったんです。

30代になったら、40代になったらって節目に考えてはいたんだけど、結果的に僕は何もしてこなかった。それこそ「今さら」かもしれないけれど、「今から」でも! という思いで体のことを知っていったら、一気に大きな変化は生まれないけれど、ちょっと気持ちいいということが初めて分かったんです。

知ることができたからこそ、続けられそうだなって感じています。年齢を重ねると徐々に体調にも変化が生じるじゃないですか。「今さら」ではなく「今から」取り組んでいる感じです。

画像8

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 音尾琢真が秀吉、斎藤工が家康! 木村拓哉が信長演じる「レジェンド&バタフライ」に参戦

    1

    音尾琢真が秀吉、斎藤工が家康! 木村拓哉が信長演じる「レジェンド&バタフライ」に参戦

    2022年10月6日 07:00
  2. 高橋海人「Dr.コトー診療所」で新米医師を熱演! 強い覚悟と決意にじませる

    2

    高橋海人「Dr.コトー診療所」で新米医師を熱演! 強い覚悟と決意にじませる

    2022年10月6日 20:30
  3. 朝ドラ「舞い上がれ!」ヒロイン・福原遥の出演映画まとめ 声優としても話題作で活躍

    3

    朝ドラ「舞い上がれ!」ヒロイン・福原遥の出演映画まとめ 声優としても話題作で活躍

    2022年10月6日 08:15
  4. 全興連「映画館へ行こう!」キャンペーンがスタート 映画館の魅力を伝える新キャラクター誕生&PR動画公開

    4

    全興連「映画館へ行こう!」キャンペーンがスタート 映画館の魅力を伝える新キャラクター誕生&PR動画公開

    2022年10月6日 05:00
  5. ソン・ガンホ× イ・ビョンホン「非常宣言」23年1月6日公開 飛行機内で発生したウイルステロの恐怖を描く

    5

    ソン・ガンホ× イ・ビョンホン「非常宣言」23年1月6日公開 飛行機内で発生したウイルステロの恐怖を描く

    2022年10月6日 13:00

今週