園子温がワークショップ選出の俳優と撮り上げた新作「エッシャー通りの赤いポスト」予告編公開

2021年11月4日 08:00

園子温が監督・脚本・編集・音楽を手掛けた新作
園子温が監督・脚本・編集・音楽を手掛けた新作

園子温が監督・脚本・編集・音楽を手掛けた新作「エッシャー通りの赤いポスト」の予告編と新たな場面写真が公開された。

自主映画からキャリアをスタートさせ「愛のむきだし」「冷たい熱帯魚」など、強烈な個性を色濃く反映させた本作は、ワークショップに参加した役者たちと、鬼才のカリスマ映画監督・小林正の新作映画のオーディションに参加した有名無名の役者たちそれぞれの物語が”赤いポスト”を起点に展開していくという作品だ。

ワークショップの応募としては異例となる697人の志願者が殺到。すべての応募書類に園監督が目を通し、書類選考を通過した478人の役者の面接を実施。第一次演技面談で95人に、第二次演技面談で最終51人が選ばれた。藤丸千黒河内りくモーガン茉愛羅山岡竜弘小西貴大上地由真縄田カノン鈴木ふみ奈ら役者の卵たちのほかに一般応募から参加し、ワークショップの役者選抜51人に選ばれた藤田朋子田口主将や、園組常連としてキャスティングされた吹越満渡辺哲諏訪太朗が参加。すでに、世界12の国際映画祭で上映され、昨年10月に開催された第49回モントリオール・シネヌーヴォー映画祭で観客賞を受賞した。

予告編では、「人生が決まる」オーディション会場に向かう、まだ「何者でもない」者たちが映し出される。オーディションではさまざまな個性的なキャラクターが登場。鬼才映画監督・小林が、全員新人で撮ろうとした企画を、エグゼクティブプロデューサーによって阻まれそうになっている様子がうかがえる。園子温監督が経験した映画業界あるあるを、エンターテイメントに昇華し、さらに、今「仮面」をかぶって生きる全ての人へ畳み掛けるように、「エキストラでいいんか?人生のエキストラで」と投げかけ「君は誰だ?」と問いかけ「仮面を外して、衝動のまま突き進め」と鼓舞する本編のメッセージを詰め込み、予告のラストは、1993年の東京ガガガを想起させる、渋谷のスクランブル交差点で終わる。

12月25日からユーロスペースほか全国で公開。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
エッシャー通りの赤いポスト
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

(C)2021「エッシャー通りの赤いポスト」製作委員会

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース