「リーグ・オブ・レジェンド」初のアニメ「アーケイン」11月7日配信開始 日本語版に上坂すみれ、小林ゆう

2021年10月19日 19:00

11月7日から配信開始
11月7日から配信開始

プレイヤー人口が1億人を超えるPCオンラインゲーム「リーグ・オブ・レジェンド(League of Legends)」初のアニメシリーズ「Arcane(アーケイン)」の世界配信が、11月7日からNetflixで始まることが決定した。日本語吹き替え版には、上坂すみれ小林ゆうらが出演する。英語版の公式トレーラーも公開されている

「リーグ・オブ・レジェンド」は、全世界のプレイヤーが5人1組のチームを結成して敵チーム本陣の攻略を目指す対戦型リアルタイムストラテジーで、2009年にサービスを開始。「Arcane」では、原作ゲームの世界を舞台に、ゲーム版プレイヤーにはおなじみのキャラクターたちの過去が明らかにされ、アニメ版からの新キャラクターも多数登場する。“ヘクステック”の発明によって誰もが魔法のエネルギーを利用できるようになったことにより、進歩的で豊かな「ピルトーヴァー」と、薄暗く危険な「ゾウン」、光と影のような関係の姉妹都市の均衡が崩れ、人々は究極の選択を迫られる。

画像2

全3幕(各3話、計9話)構成で、11月7日正午から第1幕(エピソード1~3)、11月14日から第2幕(エピソード4~6)、11月21日から第3幕(エピソード7~9)が公開される。

画像3

日本語版では、原作ゲームの人気キャラクターであるジンクスを上坂が演じ、上坂は「緻密なストーリー・美しい映像・音楽で『壮大な物語』を楽しんでいただける、非常に見ごたえのある作品になっていると思います。ぜひジンクスちゃんの暴れっぷりにも注目してください」とアニメの見どころを紹介。同じく原作ゲームのキャラクターであるヴァイ役を担当する小林は「魅力的なキャラクターの人間ドラマをとても重厚的に、アクションでは華やかに、そして笑いと涙など一気に感じていただける作品になっています。全てが詰め込まれていてどの瞬間も見逃してほしくない、見逃せない作品になっております」と呼びかけている。なお、公式トレーラーのラストでは、ジンクスとヴァイが共闘する姿も収録されている。

そのほか、ヴァンダー役で藤井隼、シルコ役で佐藤せつじ、ケイトリン役で甲斐田裕子、ジェイス役で宮崎遊、ビクター役で下川涼、メル役で松井暁波が出演する。追加キャストも後日発表予定。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース