ポンコツでも最高のトモダチ!「ロン 僕のポンコツ・ボット」予告編 日本語吹替版には関智一&小薬英斗が参加

2021年9月22日 08:00

主題歌はリアム・ペインの「Sunshine」に決定
主題歌はリアム・ペインの「Sunshine」に決定

ひとりぼっちの少年と、ポンコツだが愛らしいロボット型デバイス“Bボット”の冒険を描いたアニメーション映画「ロン 僕のポンコツ・ボット」の予告編(https://www.youtube.com/watch?v=JYXB0sg_qLY)と場面カットが、このほど披露された。あわせて関智一小薬英斗が、日本語吹き替え版の声優を務めていることも発表された。

本作はウォルト・ディズニー・ジャパンが配給を担う、イギリスのロックスミス・アニメーション初の劇場長編アニメ。物語の題材は、ネット、写真、通話、テレビ、ゲーム、音楽などあらゆるデジタル機能を備え、持ち主にぴったりな友達を見つけてくれる、夢のようなデバイス“Bボット”だ。誰もがそんな“Bボット”と暮らし、仲間とつながっている世界で、友だちのいない少年バーニーのもとに届いたのは、不良品のロンだった。

画像2

予告編では、オンラインに接続できず、スマートな友達探しができないロンが、バーニーのため「友達になって」と、お手製の“友達リクエスト”シールを街中に貼って回る、アナログでほほ笑ましい様子が切り取られている。さらに「僕はがっちりセキュリティ管理されてない」という、物語のカギを握るロンの秘密も明らかに。ほかの“Bボット”たちにはない、特別な何かを持つロンは、やがて製造元のバブル社に危険な不良品と見なされ、廃棄処分対象として追われることになる。「ポンコツでも最高のトモダチ!」というテロップとともに、絆を深めたふたりの冒険が期待をあおる。

画像3
画像4

さらに主題歌は、世界的ボーイズグループ「ワン・ダイレクション」のメンバーで、同グループの活動休止後、ソロデビューを果たしたリアム・ペインの「Sunshine」に決定。またペインは英語版の声優としても参加している。「僕はディズニーの大ファンなので、この作品に携われることは夢のようです。皆さんに『Sunshine』を聞いてもらい、『ロン 僕のポンコツ・ボット』を見てもらうのが待ち遠しいです。本当に楽しかったです!」とコメントを寄せた。MV(https://youtu.be/H4S3K1VTr8I)には、本作のキャラクターたちが登場。ペインがロンやバーニーと同様、草むらに寝転んで歌う姿もおさめられている。

日本語吹き替え版では、「鬼滅の刃」「呪術廻戦」などの関がロンの声を務める。「アクアマン」の日本語吹き替え版などで知られる小薬が、バーニー役を担った。

ロン 僕のポンコツ・ボット」は、10月22日に全国公開。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
ロン 僕のポンコツ・ボット (字幕版) (特典映像付)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 【インタビュー】二宮和也×松坂桃李×中島健人×桐谷健太×安田顕 それぞれが伝えたい「思いを繋ぐ」ということ

    1

    【インタビュー】二宮和也×松坂桃李×中島健人×桐谷健太×安田顕 それぞれが伝えたい「思いを繋ぐ」ということ

    2022年12月8日 19:00
  2. 「アバター」続編を米マスコミが絶賛「キャメロン監督を決して疑ってはいけない」

    2

    「アバター」続編を米マスコミが絶賛「キャメロン監督を決して疑ってはいけない」

    2022年12月8日 10:00
  3. 中島歩、染谷将太、林遣都、土屋太鳳、有村架純、井之脇海、窪田正孝! 「アクターズ・ショート・フィルム3」に出演

    3

    中島歩、染谷将太、林遣都、土屋太鳳、有村架純、井之脇海、窪田正孝! 「アクターズ・ショート・フィルム3」に出演

    2022年12月8日 12:00
  4. 「ブロンド」へのバッシングにアンドリュー・ドミニク監督が反論

    4

    「ブロンド」へのバッシングにアンドリュー・ドミニク監督が反論

    2022年12月8日 11:00
  5. 「パラサイト 半地下の家族」日本で舞台化! 台本&演出は鄭義信、舞台は90年代の関西

    5

    「パラサイト 半地下の家族」日本で舞台化! 台本&演出は鄭義信、舞台は90年代の関西

    2022年12月8日 04:30

今週