カトリーヌ・フロ、バラの種育家役で“美を追求” 主演作「ローズメイカー」を語る

2021年5月25日 09:00

カトリーヌ・フロ
カトリーヌ・フロ

崖っぷちのバラ育種家が、素人3人と共にバラコンクールに挑むさまを描く「ローズメイカー 奇跡のバラ」が、5月28日から公開される。「大統領の料理人」「偉大なるマルグリット」などで知られ、本作で主人公エヴを演じたフランスの名女優カトリーヌ・フロが、本作の出演理由や、役柄を通して学んだことを語った。

フランス郊外で、父に遺された小さなバラ園をひとりで経営する頑固者のエヴ。かつては優秀なバラ育種家として名を馳せていたが、今や愛するバラ園は倒産寸前だった。人を雇う余裕もなく、職業訓練所から派遣された3人の素人、フレッド、サミール、ナデージュがスタッフとして加わることに。しかし、バラのことを全く知らない彼らは手助けどころか、一晩で200株のバラをダメにしてしまう。そんななか、エヴは世界初となる新種のバラの交配を思いつき、全てをかけてバラコンクールに挑むことを決意する。

画像2

本作について、フロは「エヴのパーソナリティ(キャラクター)が印象的だった。反感を呼ぶ人物で、感じが良くないというのが最初の印象だったのだけど、最後は感じのいい人になるというのが面白いなって。あとはやっぱり、エヴの個人的な話、軌跡が面白かった。お父さんの影響を受けて育って、でもお父さんの世界を超えられずにいて、だから孤独を抱えて閉じこもっていたのだけど、そこから出るというところが面白いなと思ったの」と明かす。

職業訓練所から派遣された3人との関わりで変化していくエヴや、人並外れた鋭い嗅覚をエヴに見出されるフレッドとの関係性について、フロは「この映画のキーワードはトランスフォーメーション(変容)とトランスミッション(伝承)だと思う。彼女の変化、そして彼女からフレッドへの才能の引き継ぎね」と説明する。

画像3

エヴを演じたことで、フロは「美の追求が大事な学びだったと思う」と振り返り、「実際に本物のバラ専門家について、刺木、接木をどうやるのかを教えてもらった。デリケートで正確な動作をね。バラ園の仕事はアーティスティックでそこが面白いということを、エヴはフレッドに教えたいのだと思う。美の仕事をしろと。美は日常や人生において物理的には役に立たないけど、美を追い求めているというのが重要なのよね」と持論を語った。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
ローズメイカー 奇跡のバラ(字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 「シン・ウルトラマン」本編冒頭映像を48時間限定公開 庵野秀明セレクション「ウルトラマン」(4K)6月3日から上映

    1

    「シン・ウルトラマン」本編冒頭映像を48時間限定公開 庵野秀明セレクション「ウルトラマン」(4K)6月3日から上映

    2022年5月26日 16:05
  2. ブラピが京都行の車内で大ピンチ! 伊坂幸太郎原作「ブレット・トレイン」予告、ポスター、場面写真一挙披露 公開日は9月1日

    2

    ブラピが京都行の車内で大ピンチ! 伊坂幸太郎原作「ブレット・トレイン」予告、ポスター、場面写真一挙披露 公開日は9月1日

    2022年5月26日 08:00
  3. 転売相次ぐ「五等分の花嫁」14.5巻、再配布が決定 第2弾特典も実施

    3

    転売相次ぐ「五等分の花嫁」14.5巻、再配布が決定 第2弾特典も実施

    2022年5月26日 15:00
  4. トム・クルーズ史上最も危険なスタント! 「ミッション:インポッシブル」第7弾、23年公開

    4

    トム・クルーズ史上最も危険なスタント! 「ミッション:インポッシブル」第7弾、23年公開

    2022年5月26日 08:00
  5. 「なにわ男子」大橋和也と藤原丈一郎、「Aぇ! group」小島健が親友役で共演 「消しゴムをくれた女子を好きになった」主題歌は「なにわ男子」

    5

    「なにわ男子」大橋和也と藤原丈一郎、「Aぇ! group」小島健が親友役で共演 「消しゴムをくれた女子を好きになった」主題歌は「なにわ男子」

    2022年5月26日 08:00

今週