「評決のとき」続編がマシュー・マコノヒー主演でテレビシリーズに

2021年3月29日 15:00

マシュー・マコノヒーの出世作
マシュー・マコノヒーの出世作

オスカー俳優マシュー・マコノヒーの出世作として知られる1996年の映画「評決のとき」の続編が、リミテッドシリーズとして制作されるようだ。米Deadlineによれば、HBOが2020年秋に刊行された作家ジョン・グリシャムの続編小説「A Time For Mercy(原題)」の映像化権を獲得。マコノヒーがドラマの主演に向けて最終交渉中だという。

ペリカン文書」「依頼人」など多くの代表作を持つ作家グリシャムのベストセラー小説をワーナー・ブラザースが映画化した「評決のとき」(ジョエル・シュマッカー監督)は、マコノヒー、サミュエル・L・ジャクソンケビン・スペイシーサンドラ・ブロックが共演。米ミシシッピで10歳の黒人少女が性的暴行され、少女の父カール・ヘイリー(ジャクソン)が犯人である白人青年2人を射殺し、若手弁護士ジェイク・ブリガンス(マコノヒー)がカールの弁護を請け負う法廷ドラマを描いた。

グリシャムは、ブリガンスを主人公にした第2巻「Sycamore Row(原題)」を13年に刊行しており、今回ドラマ化される小説は第3巻となる。「A Time For Mercy(原題)」は、16歳の内気な少年ドリュー・ギャンブルが保安官代理を殺害した罪に問われ、多くの人々が死刑を望むが、弁護を担当するブリガンスが事件の背後に隠された真相を知り、自分の家族に危険が迫るなか、少年の命を救おうとする。

マコノヒーはこの第3巻が刊行されると知って、再び主演することに興味を持ち始めたとのこと。20年に自身の回顧録「Greenlights(原題)」を出版したマコノヒーは、SNSでこの本と合わせて「A Time For Mercy(原題)」についてもPRしていた。テレビシリーズは8?10話構成で、マコノヒーが再びジェイク役を演じると見られている。1990年代にワーナーの幹部だったロレンツォ・ディ・ボナベンチュラがプロデュース。HBOは現在脚本家を選定中で、監督もこれから発表される。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
依頼人(字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

オソレゾーン

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 「シン・ウルトラマン」公開8日間で観客動員100万人、興収15億円突破!

    1

    「シン・ウルトラマン」公開8日間で観客動員100万人、興収15億円突破!

    2022年5月21日 11:25
  2. 「うる星やつら」10月放送開始、キャラが動く映像初披露 錯乱坊役に高木渉、サクラ役に沢城みゆき

    2

    「うる星やつら」10月放送開始、キャラが動く映像初披露 錯乱坊役に高木渉、サクラ役に沢城みゆき

    2022年5月21日 07:00
  3. 「女囚さそり」シリーズ×ヨウジヤマモト! 梶芽衣子がコレクションのビジュアルモデルに

    3

    「女囚さそり」シリーズ×ヨウジヤマモト! 梶芽衣子がコレクションのビジュアルモデルに

    2022年5月21日 12:30
  4. 吉岡里帆、仕事への向き合い方を吐露 中村倫也&柄本佑はグミに不満

    4

    吉岡里帆、仕事への向き合い方を吐露 中村倫也&柄本佑はグミに不満

    2022年5月21日 15:07
  5. 山田涼介、舘ひろしから仕事の流儀を伝授される「やると決めたら100%」

    5

    山田涼介、舘ひろしから仕事の流儀を伝授される「やると決めたら100%」

    2022年5月21日 12:44

今週