弁護士交代の立役者にもなった――フランスの迷宮入り事件を描く「私は確信する」監督の“情熱”

2021年2月6日 10:00

アントワーヌ・ランボー監督
アントワーヌ・ランボー監督

2000年に3人の子どもを残して、突然失踪したスザンヌ・ヴィギエ事件は、フランス全土を揺るがした迷宮入り事件として記憶されている。夫ジャックは失踪届を出すも、すぐに彼自身が殺人の容疑者として拘留され、その後無罪を勝ち取るまで、じつに10年の歳月が流れた。

この有名な事件を真っ向から扱い、息詰まる裁判ものに仕立てたのが、新作「私は確信する」だ。監督はこれが初長編であるアントワーヌ・ランボー。これまで短編制作や映画編集を手がけてきた彼は、自身この事件にのめり込み、実際にヴィギエ家と交流するなかで弁護士交代の立役者ともなったほど。根っからの映画好きでヒッチコックや黒澤明に影響を受けたランボー監督の情熱は、フランス映画界ではあまりポピュラーではないこのジャンルに、大きな貢献を果たすことになった。

フランスの人気女優、マリーナ・フォイス
フランスの人気女優、マリーナ・フォイス

本作中、唯一架空の人物であり、監督の分身ともいうべき視点を担ったヒロイン、ノラに扮したフランスの人気女優、マリーナ・フォイスとともに、ランボー監督に本作について語ってもらった。(取材・文=佐藤久理子)

――フランス映画には裁判ものが少ない印象がありますが、あえてこの有名な事件を取り上げようと思った理由は何だったのでしょうか。

アントワーヌ・ランボー(以下R)「僕はもともと新聞の三面記事や軽犯罪に興味があったのですが、友人からこのヴィギエ事件の裁判のことを聞き、傍聴に行ったのがきっかけです。それ以前に事件のことは知っていましたが、自分の意見を持つほどではなかった。でも初めて裁判所に入り、刑事裁判を目撃してわかったのは、自分が自国の司法についてほとんど何も知らないということでした。それに映画でもこういうテーマはあまり取り上げられていません。僕の裁判のイメージといえば、アメリカ映画に出てくるものでした。

裁判を傍聴し始めたらどんどんのめり込み、この映画のヒロイン、ノラのように、個人的にヴィギエ家の人々に協力するようになりました。弁護士を変えて、エリック・デュポン=モレッティ(現、法務大臣。映画ではオリビエ・グルメが扮する)を推薦したのも僕です。彼は大きな裁判を手がけ、マスコミにもよく登場する人物で、フランスではやり手として有名です。ともかく、フランスの裁判映画を作りたい、フランスの司法がどのようなものか、そこで論じられる正義について語りたいと思ったのです」

画像3

――本作はノラの視点を通して語られますが、それはあなたの視点だったということですね。

R「僕はノラほどマニアックではありませんでしたが(笑)。司法の仕組みを見る一般の傍聴者としての視点ではありますが、ヒロインは極端にのめり込むキャラクターにしたいと思いました」

――フォイスさんはフランスで、ドラマからコメディまで幅広く活躍されていますが、この企画のどんな点に惹かれたのでしょうか。

マリーナ・フォイス(以下F)「私にとって監督はもっとも重要な要素なのですが、アントワーヌに会って印象的だったのは、彼がとても明晰で分析能力に長けていること。映画のように大きな企画の場合、往往にして途中で本来の意図を忘れてしまうことがあります。でも彼は、話を聞いていてもわかるように、自分の主題に没頭しそれを決して見失わない。徹底的にディテールにこだわり、真実を求める。それが映画を個性的にするとともに、重みを与えていると思います」

R「僕は執着心が強い性格なので、何事にもそうなるのです(笑)」

F「それは監督にぴったりよ。私自身もマニアックなので、ノラに共感しました。彼女は何かに夢中になったら、他が見えなくなるほど没頭する。それとアントワーヌに会ってわかったのは、お互い三面記事の事件に関して極端な情熱を持っているということです(笑)。私も年に1、2回刑事裁判を傍聴しに行くことがあるのですが、こういう事件は飽きることがありません。というのも、そこでは社会と人間が語られるから。裁判はとてもドラマティックな場所です。普段は見えない人々の人生が語られ、しかもそれは往々にして悲劇的である。だから感情的に引き込まれ、知的好奇心をくすぐられるのです」

人々の好奇心をくすぐるという点で、ヴィギエ事件はその最たる例だ。250時間に及ぶ通話記録には、スザンヌの愛人が、ジャックが犯人であると周りに吹聴するさまや、法廷での証言とは食い違うベビーシッターの会話など、疑惑をさらに深めるような内容が記録されている。映画では、これらすべての記録をノラが聴き、検察と法廷で火花を散らす弁護士デュポン=モレッティの片腕となっていく。裁判長がヒッチコックの映画を引用するが、驚いたことにこれも現実の通りだと監督は語る。

R「ノラの存在以外は、すべて実際に忠実に作っています。ヒッチコックがらみで言えば、ノラのキャラクターはいわば『裏窓』の主人公です。彼女は傍聴席で観客として無力に、目の前のドラマを見ている。『裏窓』でジェームズ・スチュアート扮するギブスをはめた主人公が、窓から近所の人を眺めているように。そして我々観客は、そんな彼らを眺める。この様式はとても興味深い。この映画は正義をテーマにしていることはもちろんですが、それ以上に我々が持つ投影と幻想を扱っています。観客にどうしたらノラのオブセッションをうまく伝えられるか、という点について『裏窓』を参考にしました」

画像4

――法廷シーンの演出において、他に参考にした映画はありますか。

R「シドニー・ルメットの『十二人の怒れる男』(1957)や、アンリジョルジュ・クルーゾーの『真実』(1960)ですね。また黒澤明の『羅生門』も僕にとってとても重要です。これはまさに投影と幻想という、見る者によって異なる視点の問題を扱っていますから」

F「わたしが面白いと思ったのは、裁判はとてもドラマティックで演劇的であるという一方で、傍聴者にとってフラストレーションの溜まる場でもあるということです。これは裁判を傍聴するとわかりますが、しばしばわたしたちは遠くに座り、証人たちは背を向けて座っている。つまり彼らの顔も見えないし、声も聞き取りにくい。この体制によって彼らの感情を把握するのが妨害され、それが見る者のオブセッションを膨張させる。この映画の基本はノラの個人的な確信にありますが、彼女が感じる欲求不満と幻想を観客に感じさせる点が興味深いと思いました」

R「日本の方がこの映画を観て、日本の司法に興味を持ってもらえたらいいですね。裁判のシステムは違っても、正義というテーマは普遍的だと思うので、そこに共感してもらえたら嬉しいです」

司法の盲点、正義と真実、人間の不透明さについて観る者に語りかける、骨太な裁判映画である。

私は確信する」は2月12日から公開。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
私は確信する(字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • THE POOL ザ・プール
  • ストレンジ・シスターズ
  • 生き人形マリア
  • 人面魚 THE DEVIL FISH
  • ゾンビプーラ
  • 祟り蛇ナーク
  • 元カノ Death
  • 元カノ 憑き纏う女
  • バトル・オブ・モンスターズ
  • 怪怪怪怪物!
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 押井守監督の実写映画「血ぃともだち」お蔵入り寸前で一夜限りのイベント上映決定

    1

    押井守監督の実写映画「血ぃともだち」お蔵入り寸前で一夜限りのイベント上映決定

    2022年1月24日 11:00
  2. キンプリ岸優太「Gメン」で映画初主演! 全力&空回りな高校生役は「自分と重なる部分がある」

    2

    キンプリ岸優太「Gメン」で映画初主演! 全力&空回りな高校生役は「自分と重なる部分がある」

    2022年1月24日 06:00
  3. 阿部寛×北村匠海「とんび」主題歌はゆずの書き下ろし楽曲! 本予告披露、公開日は4月8日

    3

    阿部寛×北村匠海「とんび」主題歌はゆずの書き下ろし楽曲! 本予告披露、公開日は4月8日

    2022年1月24日 07:00
  4. 赤楚衛二が愛おしい! 「チェリまほ THE MOVIE」公開記念で出演作を特集放送

    4

    赤楚衛二が愛おしい! 「チェリまほ THE MOVIE」公開記念で出演作を特集放送

    2022年1月24日 12:00
  5. 【レポート】「ウェス・アンダーソンの世界展」が開催 「フレンチ・ディスパッチ」の超レアポスター、人気作のフォトスポットも

    5

    【レポート】「ウェス・アンダーソンの世界展」が開催 「フレンチ・ディスパッチ」の超レアポスター、人気作のフォトスポットも

    2022年1月24日 15:00

今週