「バッファロー'66」、ビンセント・ギャロによる本国初公開時オリジナル予告編

2021年1月25日 17:00

1月29日からリバイバル公開
1月29日からリバイバル公開

1999年に渋谷シネクイントのオープニング作品として公開され爆発的ヒットを記録し、このほど約20年ぶりにリバイバル公開されるビンセント・ギャロ初監督作「バッファロー'66」。ギャロが自腹を切って制作した本国公開時のオリジナル劇場予告編が公開された。

クレール・ドニマーティン・スコセッシエミール・クストリッツァアベル・フェラーラなどの個性派監督作品に出演していた俳優であり、ミュージシャンであり画家でありモデルでもあったアーティスト、ビンセント・ギャロが初めて監督に挑んだ長編映画。ギャロが、監督・脚本・音楽・主演の4役をこなし、ギャロ自身の子供時代の経験と感情を脚本に盛り込み、ダメ男だがなぜか憎めない主人公ビリーの人生模様と、「アダムス・ファミリー」(91)のクリスティーナ・リッチが演じる、彼の全てを優しく受け止めようとする少女レイラを描いた。90年代の渋谷のミニシアター文化を牽引した渋谷シネクイントのオープニング作品として 1999年7月3日に公開、34週間の大ロングラン、興行収入2億5000万円を記録する驚異的ヒットとなった。

このほど公開されたオリジナル劇場予告編は本国アメリカで初公開時に作られたもの。通常予告編は宣伝ツールであるため、配給会社が主導して制作されるが、このオリジナル劇場予告編はギャロが一人ですべてをこなし、全費用を自己負担した。予告編の前には「ヴィンセント・ギャロによって制作、考案、設計、編集、音響 MIX、さらには制作費も支払われた。ライオンズゲートはこれを嫌悪した。」というテロップが入っている。ライオンズゲートとは「バッファロー'66」の出資社であり、北米配給を手掛けた映画会社である。この予告編にはセリフが一切なく、物語を伝える情報もなく、イエスの「Heart of the Sunrise」をバックに静止画のイメージカットの連なりで構成、音楽に合わせて編集されている。こちらは日本での初公開時にもそのまま使われた。

1月29日から渋谷ホワイト シネクイントほか全国順次公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 「バイオハザード」最新作の本編映像 牢獄でゾンビに襲われたレオン、助けたのは…

    1

    「バイオハザード」最新作の本編映像 牢獄でゾンビに襲われたレオン、助けたのは…

    2022年1月21日 15:00
  2. 永野芽郁、感情むき出し&体当たりの演技で新境地!「マイ・ブロークン・マリコ」映画化

    2

    永野芽郁、感情むき出し&体当たりの演技で新境地!「マイ・ブロークン・マリコ」映画化

    2022年1月21日 07:00
  3. 【コラム/細野真宏の試写室日記】「ARASHI 5×20 FILM」が映画業界に巻き起こす現象とは?<2021年興行収入ランキング>

    3

    【コラム/細野真宏の試写室日記】「ARASHI 5×20 FILM」が映画業界に巻き起こす現象とは?<2021年興行収入ランキング>

    2022年1月21日 09:00
  4. ジャレット・レト主演「モービウス」4月1日に日米同時公開 日本版ポスターお披露目

    4

    ジャレット・レト主演「モービウス」4月1日に日米同時公開 日本版ポスターお披露目

    2022年1月21日 12:00
  5. 「新聞記者」米倉涼子、綾野剛、横浜流星、藤井道人監督が撮影裏話を語る! スペシャル映像披露

    5

    「新聞記者」米倉涼子、綾野剛、横浜流星、藤井道人監督が撮影裏話を語る! スペシャル映像披露

    2022年1月21日 18:00

今週