“両手拳銃オタク”ダニエル・ラドクリフがデスゲームに挑む! 小野賢章がナレーションを務める予告

2020年12月4日 12:00

「ガンズ・アキンボ」公開日は2021年2月26日に決定
「ガンズ・アキンボ」公開日は2021年2月26日に決定

ダニエル・ラドクリフが主演を務める「ガンズ・アキンボ」の予告編とポスターがお披露目された。公開日は、2021年2月26日に決定。映像では、「ハリー・ポッター」シリーズでラドクリフの声を務めた小野賢章がナレーションを担当しており、両手に二丁拳銃(アキンボ)を固定された男がポップに映し出されている。

予告編では、「人生なんてクソだね」と毒づく、うだつの上がらないゲームプログラマー・マイルズ(ラドクリフ)が切り取られる。会社はクビ寸前、彼女とは破局寸前のマイルズは、ネットのコメント欄に過激な書き込みをする“ネット荒らし”でストレスを解消していた。しかし、デスゲームの生配信サイト「スキズム」に攻撃的なコメントを書いたことがきっかけで、運営側の怒りを買ってしまう。

住所を特定され、組織に襲撃されたマイルズが目を覚ますと、拳銃がボルトで両手に固定されていた――。そして彼女も人質にとられた絶体絶命の状況で「スキズム」に参加し、24時間以内で最強の殺し屋ニックスを倒すことができれば解放する、という過酷な条件を突きつけられてしまう。映像には、“両手拳銃オタク”と化し、パンツ一丁で銃を撃ちまくるマイルズや、「脳ミソ吹っ飛ばす」とほほ笑むニックスが切り取られ、激しいガンアクションを予感させる。

画像2

ポスターには、ボルトで拳銃を固定され、助けを求めるかのように情けない表情を浮かべるマイルズ、サマラ・ウィービング(「レディ・オア・ノット」)扮するニックスを活写。「アベンジャーズ」や「ホビット」シリーズの特殊効果を手掛け、「デビルズ・メタル」のメガホンをとったジェイソン・レイ・ハウデン監督が、漫画やゲームの要素を取り入れた新感覚のビジュアルエフェクトを創出した。

ガンズ・アキンボ」は、21年2月26日から東京・TOHOシネマズ日比谷ほか全国で公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • マッドボンバー
  • ヒッチハイク
  • インサイド
  • シアター・ナイトメア
  • キリング・グラウンド
  • 監禁 レディ・ベンジェンス
  • 招かれざる隣人
  • アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち
  • ロンドン・ロード ある殺人に関する証言
  • ロスト・フロア
OSOREZONE

Powered by 映画.com