ザック・スナイダー監督版「ジャスティス・リーグ」製作費用は約74億円に

2020年10月1日 11:00

完成のための製作費は7000万ドル
完成のための製作費は7000万ドル

[映画.com ニュース] ザック・スナイダー監督版「ジャスティス・リーグ」完成のため、7000万ドル(約74億円)の製作費が投じられることが明らかになった。米The Wrapが報じている。

2017年製作の「ジャスティス・リーグ」は、DC原作シリーズである「マン・オブ・スティール」「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」に続きスナイダー監督がメガホンをとっていたものの、娘の急死を理由にポストプロダクション中に降板。その後、「アベンジャーズ」のジョス・ウェドン監督が追加撮影を行ったうえで完成に導いた。そのため、劇場公開版「ジャスティス・リーグ」に不満を抱いた一部のDC映画ファンは、スナイダー監督の構想を反映させた「スナイダー・カット」の公開を求め、#ReleaseTheSnyderCutというオンラインキャンペーンを展開してきた。

これを受け、米出版社DCコミックスと米ワーナー・ブラザースは8月、共同で開催したオンラインイベント「DC FanDome」において、スナイダー監督版「ジャスティス・リーグ」が21年にワーナーメディアのストリーミングサービス「HBO Max」で配信されると発表。スナイダー監督は、計4時間にも及ぶ大長編に、ウェドン監督が撮影した映像はいっさい含まないと宣言している。

本作を手がけるにあたり、スナイダー監督は主要キャストを集めて1週間におよぶ追加撮影を計画。7000万ドルもの追加予算が計上されているという。当初は未完成のVFXを完成させる程度だと思われていたが、いつのまに規模が大きくなっていることが明らかになった。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 【中国映画コラム】興収500億円のメガヒット作「薬の神じゃない!」製作秘話 目指したのは“疲れない映画”

    1

    【中国映画コラム】興収500億円のメガヒット作「薬の神じゃない!」製作秘話 目指したのは“疲れない映画”

    2020年10月25日 11:00
  2. 一方通行ラブコメディ「恋と呼ぶには気持ち悪い」21年春放送 ティザービジュアル公開

    2

    一方通行ラブコメディ「恋と呼ぶには気持ち悪い」21年春放送 ティザービジュアル公開

    2020年10月25日 16:00
  3. 「ワールドトリガー」2ndシーズン、ティザービジュアル公開 10月30日に梶裕貴ら出演の生番組配信

    3

    「ワールドトリガー」2ndシーズン、ティザービジュアル公開 10月30日に梶裕貴ら出演の生番組配信

    2020年10月25日 07:00
  4. ブラッドリー・クーパー監督のバーンスタイン伝記映画にジェレミー・ストロングが交渉中

    4

    ブラッドリー・クーパー監督のバーンスタイン伝記映画にジェレミー・ストロングが交渉中

    2020年10月25日 09:00
  5. ハリソン・フォード&エド・ヘルムズ、実話を題材にした新作コメディに主演

    5

    ハリソン・フォード&エド・ヘルムズ、実話を題材にした新作コメディに主演

    2020年10月25日 13:00

今週