タルコフスキー、ソクーロフに続く鬼才、セルゲイ・ロズニツァ監督作が日本初公開

2020年9月3日 18:00

近作10作品すべてが世界三大映画祭に選出されている鬼才を紹介
近作10作品すべてが世界三大映画祭に選出されている鬼才を紹介

[映画.com ニュース] カンヌ映画祭で2冠、近作10作品すべてが世界三大映画祭に選出されているものの、これまで日本未公開だった鬼才セルゲイ・ロズニツァ監督の作品を上映する企画「セルゲイ・ロズニツァ『群衆』ドキュメンタリー3選」が、11月14日からシアター・イメージフォーラムで開催される。

ロズニツァ監督は1964年生まれ。ウクライナ出身で現在ベルリン在住。1991年、ソ連崩壊の年、モスクワの全ロシア映画大学に入学し、1996年からソクーロフの製作で知られるサンクトペテルブルク・ドキュメンタリー映画スタジオで映画監督としてキャリアをスタート。これまで21本のドキュメンタリーと4本の長編劇映画を発表し、カンヌ映画祭では12年に「In the Fog」で国際映画批評家連盟賞、18年に「Donbass」で「ある視点部門」最優秀監督賞を受賞している。

ロシア文学者の沼野充義氏は「ソ連・ロシア映画はエイゼンシュテインからタルコフスキー、ソクーロフと長い道を辿ってきましたが、その究極の行きつく先がロズニッツァかと思いました。これは本当にすごいものです。ソクーロフを観てきた人なら、この凄さは分るでしょう。しかしアーカイヴの記録映像をつないでよくこんなものを作ろうと思った、その究極の発想に驚かされます。誰でも思い付きそうなのに、誰もここまでやろうとしなかった」とコメントを寄せている。

今回のラインナップは、最新作で、ソ連の独裁者スターリンの56年前の国葬の幻の記録を使用したアーカイブ映画「国葬」(19)、同じくスターリンによって行われた90年前の裁判の記録を使用した「粛清裁判」(18)、そして、ホロコーストの現場となった元強制収容所を観光する、ダークツーリズムのドキュメンタリー「アウステルリッツ」(16)の3作。異なる時代の群衆に眼差しを向け、人々がどのように群衆化するか考察する。

11月14日~12月11日、シアター・イメージフォーラムにて3作一挙公開。

▼タイムテーブルは以下の通り
1週目 11/14(土)―11/20(金) 13:00 国葬|15:45 粛清裁判|18:15 アウステルリッツ|20:15 国葬
2週目 11/21(土)―11/27(金) 13:00 国葬|15:45 粛清裁判|18:15 アウステルリッツ|20:15 国葬
3週目 11/28(土)―12/4(金)13:00 アウステルリッツ|15:00 国葬|17:45 粛清裁判|20:15 アウステルリッツ
4週目 12/5(土)―12/11(金)13:00 粛清裁判|15:30 国葬|18:15 アウステルリッツ|20:15 国葬

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 万田邦敏監督新作「愛のまなざしを」に仲村トオル×杉野希妃×斎藤工×中村ゆり

    1

    万田邦敏監督新作「愛のまなざしを」に仲村トオル×杉野希妃×斎藤工×中村ゆり

    2020年9月19日 07:00
  2. 韓国ドラマなんてと斜に構える食わず嫌いや、バートン&デル・トロのファンにもぜひ見て欲しい傑作シリーズ「サイコだけど大丈夫」

    2

    韓国ドラマなんてと斜に構える食わず嫌いや、バートン&デル・トロのファンにもぜひ見て欲しい傑作シリーズ「サイコだけど大丈夫」

    2020年9月19日 16:00
  3. 13歳のソフィー・マルソーが可愛い!80年代の青春恋愛映画「ラ・ブーム」 パッケージもキュートなブルーレイ発売

    3

    13歳のソフィー・マルソーが可愛い!80年代の青春恋愛映画「ラ・ブーム」 パッケージもキュートなブルーレイ発売

    2020年9月19日 13:00
  4. ライアン・レイノルズ&ガル・ギャドット、PCR検査の様子を公開 共演のアクション大作が撮影再開

    4

    ライアン・レイノルズ&ガル・ギャドット、PCR検査の様子を公開 共演のアクション大作が撮影再開

    2020年9月19日 11:00
  5. 【ハリウッドコラムvol.304】Withコロナで変わるラブシーンの描写方法

    5

    【ハリウッドコラムvol.304】Withコロナで変わるラブシーンの描写方法

    2020年9月19日 12:00

今週