終戦記念日に振り返る“ミッドウェイ海戦” R・エメリッヒ監督新作の特別映像

2020年8月15日 06:00

日米双方の視点で歴史的海戦が描かれる
日米双方の視点で歴史的海戦が描かれる

[映画.com ニュース]「インデペンデンス・デイ」シリーズのローランド・エメリッヒ監督が構想20年をかけて完成させたスペクタクル超大作「ミッドウェイ」の特別映像が披露された。終戦記念日の今日にあわせ、1942年のミッドウェイ海戦を追憶する内容になっている。

未曾有の戦いとなった第二次世界大戦のなかでも、歴史を左右するターニングポイントとなったミッドウェイ海戦。1942年、北太平洋のハワイ諸島北西のミッドウェイ島に、巨大な航空母艦、世界最大の大和を含む戦艦、戦闘機、急降下爆撃機、潜水艦が出動し、空中、海上、海中、その全てが戦場となった。本作では、日米両軍に敬意を捧げて史実を再現し、ウッディ・ハレルソンパトリック・ウィルソンデニス・クエイドアーロン・エッカート豊川悦司浅野忠信國村隼ら実力派が結集した。

特別映像は、アメリカでミッドウェイ海戦を体験した最後の2人とされている、退役軍人のチャールズ・モンロー氏とアービン・ウェント氏のインタビューが収められ、共に戦った仲間を偲びながら、戦争の悲惨さを伝えている。そのほか、当時の貴重な記録映像とニュース映像や、急降下して戦艦を攻撃するシーンなどの本編映像も収められている。

ミッドウェイ」は、9月11日から東京・TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

Midway (C)2019 Midway Island Productions, LLC All Rights Reserved.

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース