アニメ映画「アダムス・ファミリー」吹き替え版に杏、生瀬勝久、ロバート秋山らが参加!

2020年7月8日 08:00

公開日は9月25日に決定!
公開日は9月25日に決定!

[映画.com ニュース]アメリカの漫画家チャールズ・アダムスが生んだ名作コミックを、初めてアニメ映画化した「アダムス・ファミリー」の公開日が9月25日に決定し、キービジュアルがお披露目。あわせて、日本語吹き替え版キャストも発表され、生瀬勝久、「ロバート」の秋山竜次LiLiCo井上翔太が参加していることがわかった。

1930年代、雑誌の1コマ漫画としてスタートした「アダムス・ファミリー」。そのヒネくれたユーモアセンスとユニークなキャラクターが人気を博し、60年代にテレビシリーズやアニメシリーズが作られ、91年に「アダムス・ファミリー(1991)」、93年に「アダムス・ファミリー2」として長編映画化され、世界中で大ヒットを記録した。

人里離れた山の中で結婚式をあげたモンスターのカップル、ゴメズとモーティシア。突然、襲って来た人間たちに故郷を追われた2人は、 丘の上に建つ荒れ果てた屋敷にたどり着く。時が流れ、夫婦には2人の子どもウェンズデーとパグズリーが生まれ、一家4人と執事のラーチは平和な日々を送っていた。そんななか、パグズリーが一族にとって重要な儀式「セイバー・マズルカ」を親戚たちの前で披露する日が近づいていた。

モーティシア役のは「子供のころ見ていた『アダムス・ファミリー』が、現代に復活する、さらに声優として参加できると聞き、とても嬉しく思っています。生瀬さんと夫婦役を演じさせていただけるのも、楽しみです。ゴメズがどこか生瀬さんに似ている?と思ったのですが、私もどこかそうなのかもしれません」と話す。一方、アダムス家の家長・ゴメズ役の生瀬は「私ですよね!? ゴメズ、私です。あそこまで、恰幅はよくありませんが、あの目付きは私です。陽気で、イタズラ好きはまんま私ですし、シニカルなところも、生き写しです。キャスティングの方、グッジョブです!」と語っている。

日本語吹き替え版キャスト
日本語吹き替え版キャスト

秋山が声を担当することになったのは、ゴメズのクレイジーな兄・フェスタ―。「まさかこのファミリーからビジネスのお声をかけていただけるとは思ってもおりませんでした。このようなチャンスはもう二度とないと確信しておりますので、北九州・秋山ファミリーの代表として一生懸命頑張らさせていただきます」と意気込んでいる。

LiLiCoと井上は、アニメ映画版のオリジナルキャラクターに挑戦することに。ホームデザイン番組の人気司会者マーゴ・ニードラー役のLiLiCoは「アダムス・ファミリーを観てから、ずっと縁を感じていました。なんか、他人と思えない、絶対に繋がってると予感していました。長い月日が流れ、ここかっ! キタァーーーー! ファミリーの一員ではないが、マーゴはインテリアデザイナーで家を素敵にするのが大好き。わたしも個人的に同じです」と説明。マーゴの忠実な部下・グレン役の井上は「歴史あるアダムスファミリーという素晴らしい作品に参加させていただき光栄です。今回僕が演じるオリジナルキャラクターのグレンを全身全霊で挑み、劇場で皆様に楽しんでいただけるようキャスト、スタッフの皆様と力を合わせて取り組んで参ります」とコメントを寄せている。

アダムス・ファミリー」は、9月25日から全国公開。なお、7月10日から数量限定のオリジナルマスクケース付ムビチケが発売される。一般は1500円、小人(3歳以上)は900円(ともに税抜き価格)。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース