放送禁止になった楽曲も インディアン音楽の真実に迫るドキュメンタリー「ランブル」8月7日公開

2020年6月9日 07:00

様々なジャンルの音楽に影響を及ぼしてきたインディアン音楽に迫る
様々なジャンルの音楽に影響を及ぼしてきたインディアン音楽に迫る

[映画.com ニュース]多くのジャンルのポピュラー音楽に影響を与えたインディアン音楽の真実を明かすドキュメンタリー「ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち」の公開日が8月7日に決定、予告編がお披露目された。

ネイティブ・アメリカンの血を引くリンク・レイが1958年にリリースし、その攻撃的なサウンドからインスト曲にも関わらず「少年犯罪を助長する」という理由で放送禁止になった「ランブル」。その存在なくしてはパンクもメタルも生まれなかったと言われる同曲をはじめ、インディアン音楽がロック、ジャズ、ブルース、フォーク、ファンクなど様々なジャンルの音楽にいかに影響を及ぼしてきたか、そして彼らの豊かな音楽がポピュラー音楽の歴史からいかに抹殺されてきたかを、キャサリン・ベインブリッジ監督が明らかにする。

インタビュー映像には、自らもネイティブ・アメリカンのルーツを持つ元「ザ・バンド」のロビー・ロバートソンや「ブラック・アイド・ピーズ」のタブーをはじめ、クインシー・ジョーンズスティーブン・タイラー、映画監督のマーティン・スコセッシら豪華な顔ぶれが集結している。

ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち」は8月7日から渋谷ホワイト シネクイント他で公開。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち(字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース