「#リモート映画祭」開幕! 松竹が自宅でリモート製作した短編映画を募集

2020年5月11日 19:00

プロアマ問わず誰でも参加可能、グランプリには賞金30万円
プロアマ問わず誰でも参加可能、グランプリには賞金30万円

[映画.com ニュース] 配給大手の松竹が、自宅でリモート製作した短編映画をSNSで公募する「#リモート映画祭」を開催することがわかった。新型コロナウイルス感染拡大防止のため緊急事態宣言が発令され、ステイホーム期間中だからこそ楽しめる新たなエンタテインメントを模索し、本映画祭が企画された。

「#リモート映画祭」には、プロアマ問わず誰でも参加することができる。参加方法は、最初にリモート製作した短編映画をYouTubeやTwitterなどのツールにアップ。Twitterでハッシュタグ「#リモート映画祭 #keeponmovie」とともに、作品データまたはリンクを、タイトルを添えて投稿する。さらに、映画祭の公式Twitter(https://twitter.com/remotemoviefes)にダイレクトメールで参加意思を連絡し、スタッフからの返信を受け参加確定となる。作品は、公式Twitterまたは公式サイト(www.shochiku.co.jp/entertainment/event/remotemoviefes)で共有。応募の際は、参加規約などの詳細を同サイトで確認する必要がある。

本日5月11日から7月31日(予定)までの期間に応募された作品の中から、「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」を手掛けた石塚慶生プロデューサーら審査員がグランプリを決定し、公式サイトで2020年内に発表される。グランプリには賞金30万円、若干名に副賞として、石塚プロデューサーと次回作を共同開発する権利や、松竹配給作品の宣伝動画を共同開発する権利などが与えられる。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース