石川智晶&梶浦由記による「See-Saw」のコンプリートベストアルバムに幻の名曲が収録決定

2020年5月11日 18:00

幻の名曲が収録決定
幻の名曲が収録決定

[映画.com ニュース] アーティストの石川智晶と音楽プロデューサーの梶浦由記による音楽ユニット「See-Saw」のコンプリートベストアルバム「See-Saw Complete Best『See-Saw-Scene』」に、初CD化となる「新しい予感 ~Only at JUSCO~」が収録されることがわかった。

6月10日にリリースされる同アルバムには、代表曲の「あんなに一緒だったのに」(「機動戦士ガンダムSEED」エンディング主題歌)、「君は僕に似ている」(「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」エンディング主題歌」)や、ビクター・フライングドッグに移籍前の「indio」(「ノワール」挿入歌)、「Obsession」(「.hack//sign」オープニング主題歌)など全37曲がCD3枚組で収録。このうち、ボーナストラックとして収録される「新しい予感 ~Only at JUSCO~」は、ジャスコ(現イオン)の店内BGMとして使用されていた楽曲で、作詞を石川、作曲・編曲を梶浦が手がけており、これまでCD化もされておらず、ファンの間では幻の名曲となっていた。全曲解説や歌詞などを収めた56ページブックレットが付属するほか、初回生産分のみブックケース仕様で、価格は4500円(税抜き)。同日にはレコチョク、moraなど主要ダウンロードサービスでも配信される。

1993年にデビューした「See-Saw」は、95年、2006年と二度の活動休止を経て、19年2月に東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで開催された「フライングドッグ10周年記念LIVE -犬フェス!-」で石川と梶浦の共演を経て復活。同年12月には東京・東京国際フォーラムで17年ぶりに一夜限りの単独ライブ「See-Saw LIVE ~Dream Field 2019~」を開催した。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース