有罪確定のワインスタイン、「ジェニファー・アニストンを始末するべき」発言が明らかに

2020年3月11日 21:37

アニストンの代理人は事実無根と強く否定
アニストンの代理人は事実無根と強く否定

[映画.com ニュース] 性的暴行で有罪が確定したハリウッドの大物プロデューサー、ハーベイ・ワインスタインの裁判所記録が閲覧可能となったことで、驚くべき新事実の数々が明らかになった。

米バラエティによると、量刑言い渡しを前に公開された同文書は約1000ページにも及び、米ニューヨーク・タイムズ紙ならびにニューヨーカー誌の暴露記事によって性的暴行疑惑が浮上した2017年10月直後から、ワインスタインがスキャンダルを封じ込めるべく、米大手エージェンシーやテレビ局のトップ、政界の有力者らに送った膨大なメールが納められているという。

そのなかには、米ナショナル・インクワイアラーの記者から「ジェニファー・アニストンがワインスタイン氏に性的暴行を受けた旨を記事にします」との事前通告を受けたワインスタインが、同年10月31日付で自身の代理人に送った「ジェニファー・アニストンを始末するべきだ」というショッキングなメールも含まれていたという。この件についてコメントを求めた同紙に対し、アニストンの代理人は「ナショナル・インクワイアラーの報道は事実無根であり、ジェニファーはハーベイからセクハラ行為や性的暴行を受けたことなどありません」と強く否定している。

また、複数の女性に対してセクハラ行為をはたらいていた事実を、インタビューなどで漏らす危険があると見なした人物を、ワインスタイン自らリストアップした“ブラックリスト”の全貌も明らかになった。

7週間にわたる公判の間、検察側が陪審員に開示するよう再三再四求めたものの、性的暴行の被害を告発したひとりである女優のアナベラ・シオラを除き、リスト上の名前が明かされることはなかったが、ついに明らかになった同リストに掲げられていたのは、70人。そこには、シオラと同じく被害を名乗り出たローズ・マッゴーワンやゼルダ・パーキンス、リセット・アンソニーらの女優と並んで、ベン・アフレックの名前も記されていたという。

アフレックは、ワインスタイン・カンパニーの前身であるミラマックス製作の映画「グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち」(1997)でブレイク。その翌年、「恋におちたシェイクスピア」にも出演するなど、ワインスタインのお気に入り俳優として知られていたが、長年にわたり性的暴行とセクハラを繰り返していた事実が明るみに出たことを受け、ミラマックスとワインスタイン・カンパニー作品への出演料を慈善団体に寄付すると表明していた。

ワインスタイン・カンパニーの元社員ミリアム・ハーレイに対する第1級犯罪的性行為、女優志望だったジェシカ・マンに対する第3級強姦で有罪判決を受けたワインスタインの量刑言い渡しは、3月11日(現地時間)に米ニューヨーク地方裁判所で行われる。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース