人気童話「おばけずかん」ショートドラマ&アニメ化 主題歌に水樹奈々

2020年3月7日 07:00

水樹奈々が主題歌!
水樹奈々が主題歌!

[映画.com ニュース] 作・斉藤洋氏、絵・宮本えつよし氏による人気童話「おばけずかん」シリーズ(講談社刊)の映像化が決定した。放送中の子ども向けバラエティ番組「おはスタ」内のコーナー「きゃらスタ」で、4月8日午前7時20分頃からショートドラマ、7月1日からアニメがオンエアされる。

シリーズ累計70万部を突破した「おばけずかん」は、ユニークなおばけたちの怖さや対処方法をショートストーリー仕立てで紹介する童話シリーズ。

映像化の監督は「グレゴリーホラーショー」のイワタナオミ、脚本は「ピングー in ザ・シティ」の田辺茂範が担当。アニメーション制作は「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」のファンワークスが行う。ショートドラマには、「おはスタ」レギュラー陣やゲストも出演する。

主題歌アーティストには水樹奈々を起用。4月8日にスタートするショートドラマで使用される主題歌について、水樹は「子どもの頃から怖い話が苦手な水樹ですが、『おばけずかん』に登場するおばけたちはどこか愛くるしくユーモラスで、これならもし遭遇しても仲良くなれちゃうかも!? という楽しい妄想を掻き立てられます。『おばけずかん』の世界にフィットする、一度聴いたらくせになる、みんなで一緒に歌って踊れる楽曲をただ今制作中です! みなさんぜひ楽しみにしていてください!」と視聴者に呼びかけている。

水樹は主題歌のほか作中への出演も決定しており、配役などは4月1日の「おはスタ」番組内で明らかにされる。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース