「IT イット」の美少年俳優フィン・ウルフハード主演の短編が長編映画化

2020年3月4日 11:00

フィン・ウルフハード
フィン・ウルフハード

[映画.com ニュース] Netflixの人気オリジナルシリーズ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」や大ヒットホラー映画「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」で知られるフィン・ウルフハード主演の新作短編「Rules For Werewolves(原題)」が、長編映画化されることがわかった。米Deadlineが独占で報じている。

米テキサス・オースティンで3月13日に開幕するSXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)映画祭でプレミア上映される短編版は、オオカミ人間(Werewolves)のような野蛮で凶暴なティーンエイジャーの一団が新築の一軒家に押し入り、略奪と破壊行為を繰り広げるさまを、ワンカットで追うバイオレンススリラー。

長編映画化にあたっては、自身のデビュー小説を基に脚本を執筆した劇作家のカーク・リンとメガホンをとったジェレミー・ショウリン=リウーが、それぞれ脚本と監督でオリジナル短編から続投。ピーター・ハーヴェイ(「キリング・ゾーン」)、「ホワイト・ボイス」のジョナサン・ダフィーケリー・ウィリアムズがプロデューサーを務める。

主演のウルフハードは、「ジェレミーと仕事をするのはこれで4度目になりますが、彼はカナダが生んだ最も創造力豊かなフィルムメーカーだと確信しています。彼とともに、カーク・リンによる挑発的で大胆なストーリーを、この混沌とした不安な時代に生きるティーンの実像を描くパワフルな長編映画へと拡張させていくのが、今から楽しみで仕方ありません」と興奮を隠しきれない様子だ。

一方でショウリン=リウー監督は、「『Rules For Werewolves』は、私が一観客として見たい、また、フィルムメーカーとして作りたいと心の底から切望していたタイプの作品。カークとフィンと一流の製作陣からなるドリームチームで長編映画化に挑めることにワクワクしつつ、SXSWでこの素晴らしい作品の世界を、少しだけでもお披露目できることを楽しみにしています」と抱負を語った。

長編映画版「Rules For Werewolves(原題)」は、2020年末もしくは21年初頭のクランクインを目指している。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 怪怪怪怪物!
  • 狼チャイルド
  • キラー・メイズ
  • おまえら行くな。怪異を呼ぶ男!松原タニシ祭り ~恐怖完全版~
  • 封印映像「開封動画」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 映画「怪談新耳袋Gメン 冒険編前編」【TBSオンデマンド】
  • 映画「怪談新耳袋Gメン 冒険編後編」【TBSオンデマンド】
  • アルカディア
  • カオス
  • 死霊の罠
OSOREZONE

Powered by 映画.com